トピックス

「Ninja ZX-25R」のワンメイクレース「2024 Ninja Team Green cup」の開催スケジュールが発表された! 

■「2024 Ninja Team Green cup」の開催スケジュールが発表

株式会社カワサキモータースジャパンは、「2024 Ninja Team Green Cup」の開催スケジュールを発表した。4月28日のオートポリスから、全5戦を5会場で戦う。

ワンメイクレースなので公平に競える

○日程と会場

※( )内は併催イベント
・4月28日(日) オートポリス (九州ロードレース選手権)
・6月16日(日) 岡山国際サーキット (OKAYAMAロードレース&モトレヴォリューション)
・7月20日(土) 鈴鹿サーキット (2024 FIM世界耐久選手権「コカ・コーラ」鈴鹿8時間耐久ロードレース第45回大会
・9月15日(日) SPA直入 (スーパーサンデーフェスタ)
・11月3日(日) モビリティリゾートもてぎ (Motoフェスティバル)

○「2024 Ninja Team Green Cup」とは

独自のレギュレーションにより、ノーマルのまま公平に競える、「Ninja ZX-25R」のワンメイクレース。公道走行に近い状態で手軽にレース参戦ができ、サーキットまで自走での参加も可能。低予算で楽しめるのが魅力だ。
レンタルスーツ(3万円)の設定もあり、サーキット走行が未経験でも最初の一歩を踏み出しやすい。レース未経験者でもサーキットならではの解放感、疾走感あふれる走行を楽しみながら、モーターサイクルの魅力を体感できるイベントとなっている。コース上では真剣勝負だが、参加者はNinja ZX-25R乗り同士、自然な形で仲間になれるのも楽しいポイント。
シリーズランキングは全5戦のうち4戦の有効ポイント制。1大会で獲得したポイントの上位4大会が有効となり、シリーズランキングに反映される。
また、どうしても初のレース参戦に不安がある人に向け、サポートプログラム(8000円)も用意されている。相談すれば受け付けから当日の進行、マシン準備やメンテナンスまでをアドバイスしてくれる。
さらに「Ninja Team Green Cup」への参戦前には、「Ninja Team Green Trial」で参加の不安を解消できる。「Ninja Team Green Trial」イベントではサーキット走行やレース参戦に必要な知識・ルールを学べる座学からタイムトライアルまで、ライディングスクール形式で開催される。2024年は4月下旬の岡山国際サーキットから5回の開催が予定されている。

シリーズ戦となっていて、全5戦のうち4戦の有効ポイント制。
Ninja ZX-25Rのファンが集う場でもある。
サポートプログラムに申し込んでおけば、当日の進行も、マシンの状態も安心。
事前に「Ninja Team Green Trial」イベントで学んでおけば、サーキット初心者も不安なく参戦できる。
KTC京都機械工具株式会社とタッグを組み、「Ninja Team Green Cup」参加者を対象とした工具おためしサービスを会場で実施している。自走参加で工具を運びにくい人もちょっと安心。

レポート●モーサイ編集部 写真●カワサキ

CONTACT

○株式会社カワサキモータースジャパン
https://www.kawasaki-motors.com/
○「Ninja Team Green Cup」について
https://www3.kawasaki-motors.com/mc/ninjateamgreencup/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【NEW ITEM】ガーミンよりバイク専用ナビ「zumo396」が発売 「MOTO CHINO PANTS」はバイク用のチノパン! 街でも気軽に履けるのに、ケブラーやプロテクターポケットで武装 【時代を駆け抜けたバイクたち5】HONDA VT250F編

カテゴリー記事一覧