トピックス

【NEWS】ヤマハの250㏄ネイキッドが インドでデザイン賞を受賞

ヤマハは2017年12月21日(木)、インドの子会社である「India Yamaha Motor Private Limited」が生産・販売する250㏄ネイキッドモデルのFZ25が、インドの産業団体が主催し、同国内で製造または販売されるものを対象とするデザイン賞、「CII DESIGN EXCELLENCE AWARDS」を受賞したと発表した。CII DESIGN  EXCELLENCE  AWARDSは11年に設立され、今年で7回目の開催。FZ25は初めての応募で見事に受賞を果たした。

FZ25はMT-25などよりも大幅に軽量な148㎏のボディや、燃費と環境性能に優れ20.9馬力/2.0㎏mを発揮する「ブルーコア」の4ストローク空冷単気筒OHCエンジンなどを特徴とするストリートモデル。08年に導入開始されたFZシリーズには150㏄のFZやFZ-FIなどがあり、いずれも同国では比較的高価格帯のモデルにもかかわらず、累計で150万台を販売する人気モデルとなっている。FZ25はFZシリーズのハイエンドモデルで、今回は同賞の「Two-wheelers Commercial」部門から「Mo
bility Design」カテゴリーで受賞を果たした。

 

(text●片倉義明)

関連記事

  1. 「原付一種→二種」販売台数が逆転? 早ければ2019年にも
  2. 「ふっこう割」で行く、北海道・十勝のうまいもの巡り-1
  3. 【二輪車販売最前線】2019年上期国内出荷台数は前年比微増 後半…
  4. 新型は強気の”下剋上”バイク!? YZF…
  5. 【NEW MODEL】2019年6月21日発売! スーパーカブC…
  6. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜バイ…
  7. 【NEW MODELS】SUZUKI GSX-R1000R AB…
  8. トライアンフの車両が金利0%で購入できる!? お得な「バリューサ…

旅に出よう!

おすすめ記事

【釣りツーリングに行こう!】5釣目:勝浦でタンタンメンを食し、興津東港でアジを狙う 【NEW ITEMS】世界最小級ウインカー!? どんなバイクにも似合うNANOランプが来る!! 東京オートサロン2019で、敢えて二輪車関連の話題を探してみる その1 誕生から50年経過しても変わらない! CB750Fourならではの魅力に迫る 大型連休にいってみたいツーリングルート!八幡平アスピーライン編 【二輪車販売最前線】価格と技術は比例するか? リッタークラスの価格が10年間で2倍以上になった理由とは 【NEW MODEL】待望の大型単気筒、遂に発売!! 『SVARTPILEN 701』 新型ストリートトリプルRSのデビューフェアを開催 【ワインディングニッポン】ビーナスライン(長野県) お得にバイクや用品が手に入る、ハスクバーナのX’masキャンペーン
BIKE王

ピックアップ記事

  1. スーパーカブ100
  2. ゴディエジュヌー1135R

カテゴリー記事一覧

  1. ベビーツインAA
  1. スーパーカブ100
  2. ゴディエジュヌー1135R
PAGE TOP