トピックス

【NEWS】インディアンモーターサイクルが 2018年のラインアップを発表

インディアンモーターサイクルの国内正規代理店であるホワイトハウスオートモービルズは、18年のラインアップと価格を発表した。

18年モデルでは、チーフシリーズに搭載される空冷VツインOHVユニット「サンダーストローク111エンジン」を改良。1811㏄の排気量は同じながら、従来型と比較して最高出力を21%、トルクも12%アップし、84馬力/15・4㎏mに向上。また、スカウトとロードマスターに5色の中から好みの色を選べるファクトリーカスタムペイントを施した「アイコンシリーズ」を設定した。

新たなフラッグシップとなる写真のロードマスター・エリートやスプリングフィールド・ダークホースなど、ニューモデルもリリースされる。

(text●片倉義明)

おすすめ記事

スリムなスタイルでスマート&風切り音低減 PACK TALK SLIM JBL/BOLD JBL エキゾチックなグラフィックを採用したエクシードの新色が登場 青森県発のKTM正規ディーラー、RIDING SKETCH 弘前がオープン
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. GB350 ホンダ
  2. 350SS カワサキ マッハ
PAGE TOP