トピックス

【NEWS】インディアンモーターサイクルが 2018年のラインアップを発表

インディアンモーターサイクルの国内正規代理店であるホワイトハウスオートモービルズは、18年のラインアップと価格を発表した。

18年モデルでは、チーフシリーズに搭載される空冷VツインOHVユニット「サンダーストローク111エンジン」を改良。1811㏄の排気量は同じながら、従来型と比較して最高出力を21%、トルクも12%アップし、84馬力/15・4㎏mに向上。また、スカウトとロードマスターに5色の中から好みの色を選べるファクトリーカスタムペイントを施した「アイコンシリーズ」を設定した。

新たなフラッグシップとなる写真のロードマスター・エリートやスプリングフィールド・ダークホースなど、ニューモデルもリリースされる。

(text●片倉義明)

おすすめ記事

【NEW MODELS】DUCATI MULTISTRADA 1260/S 【変幻自在の派生カブ:3】コンバートキットでカブにオシャレ度をプラス! 一体全体どんなマシン? 【最新ウエアカタログ】高い安全性と通気性を両立! DAINESE・アガデスD72テックスジャケット 進化したハイパーネイキッド、ブルターレ1000RRの予約受け付けを開始 そばを求めて峠を越える〜信州そば紀行1 富倉/須賀川/戸隠/小谷〜 【北海道 vs 信州】バイク旅の2大巨塔を掘り下げる!(移動方法編)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. Z650 ザッパー
  1. Z650 ザッパー
PAGE TOP