トピックス

【クシタニ】の「コーヒーブレイクミーティング」、2024年の開催予定が決まった!プレゼントも狙って、積極的に寄りたいところ!

■「KUSHITANI COFFEE BREAK MEETING(CBM)」

二輪アパレル老舗大手の株式会社クシタニは「KUSHITANI COFFEE BREAK MEETING(CBM)」の2024年開催スケジュールを発表した。

CBMはクシタニにより「なんでもないライダーの集い」と定義され、「Enjoy Motorcycle Life!」をコンセプトに、全国各地で開催されているイベント。開催現地では朝7時から正午まで来場者にコーヒーが振る舞われる。会場はいかにも「ツーリング中の立ち寄り」にちょうどいい場所に設定されるので、ライディング中の一ひと休みにはうってつけ。温かい一杯を、ぜひ!

「KUSHITANI COFFEE BREAK MEETING(CBM)」
「KUSHITANI COFFEE BREAK MEETING(CBM)」

○2024年CBM開催スケジュール

3月9日(土) 道の駅あかばねロコステーション(愛知県)
3月17日(日) レインボー浜名湖(静岡県)開催時間10:00~15:00
4月13日(土) アネスト岩田ターンパイク箱根スカイラウンジ駐車場(神奈川県)
4月20日(土) 道の駅加子母(岐阜県)
5月11日(土) 道の駅飯高駅(三重)
5月25日(土) 道の駅七ヶ宿(宮城県)
6月8日(土) 道の駅笠岡ベイファーム(岡山県)
6月22日(土) ハーブガーデン富良野(北海道)
6月23日(日) 道の駅さらべつ(北海道)
7月6日(土) ONTAKE EXPLORER PARK(長野県)
9月14日(土) 道の駅路田里はなやま(宮城県)
10月5日(土) 道の駅いりひろせ(新潟県)
10月13日(日) リバーステーションWESTWEST(徳島県)
10月19日(土) 道の駅湖北みずどりステーション(滋賀県)
10月26日(土) ネオパーサ清水(静岡県)
※悪天候の場合には中止、もしくは別日に改めて開催される。
※当日のイベント内容や運営方法は予告なく変更される場合がある。

「KUSHITANI COFFEE BREAK MEETING(CBM)」

○スタンプラリーで「CBMマグカップ」などをゲット!

スマートフォンにてクシタニ公式アプリをダウンロードすると、CBMのスタンプラリーに参加できる。スタンプを集めると先着でKUSHITANIオリジナルコーヒーカップ「CBMマグカップ」もしくは「CBMレザーキーホルダー」がプレゼントされる。

「KUSHITANI COFFEE BREAK MEETING(CBM)」

レポート●モーサイ編集部 写真●クシタニ

CONTACT

○株式会社クシタニ
https://www.kushitani.co.jp/

○クシタニ公式アプリ
・iOS版ダウンロード
https://apps.apple.com/jp/app/kushitani/id1521415841
・Android版ダウンロード
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.digitallab.kushitani

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

アフリカの「ナニコレ」珍バイク! インド製から正体不明車まで面白モデル13選 BMW CE 04 BMWの超スタイリッシュ電動スクーター、「CE 04」は四輪EVと似ているのか?違うのか? 【遙かなるグランプリへ6】世界は知っていた…スクランブルレースから始まるヤマハ・GP史(後編)

カテゴリー記事一覧