トピックス

バイク王が新CM&キャンペーン開始。つるの剛士の愛車WR250Rの新オーナーを募集!

[PR] sponsored by バイク王

2024年1月19日、バイク王が新CMを公開、同時に新キャンペーンもスタートしました。
なんと今回のキャンペーンはバイク王のイメージキャラクター、つるの剛士さんの愛車ヤマハ WR250Rを贈呈するというもの。これはすごい!
キャンペーンは2月22日までです。

バイク王は2024年で創業30周年

バイク王と言えば二輪買取の最大手です。バイク王は2024年で創業30年。中古バイクの流通に真摯に向き合い、私たちユーザーの愛車が適性に評価される環境を作ってきました。
その結果、年間の取扱台数は10万台以上、相談件数は25万件(※)に上ります。
まさに中古バイク流通のプラットフォームを作り上げてきたと言っても過言ではないでしょう。
ユーザーがバイクを手放すときの選択肢はいろいろあります。そのなかでもユーザーに選ばれ続けているのがバイク王なのです。

※2022/11/1~2023/10/31 自社データより(バイク買取に関するお問い合わせ)

新CMは「簡単に、さよならなんて」

そんなバイク王の新CMは、かなり情緒的な内容になっています。
テーマは「簡単に、さよならなんて」。
バイクを売りに来た1人のバイク乗り。お店の前まで来ましたが、ガラスに映った自分とバイクを見て、これまで愛車と過ごした日々を思い出します。

意を決してバイクを売りに行きますが
ガラスに映った愛車と自分を見て、
つい愛車と過ごした時間を思い出してしまいます
買取も販売もライダーの気持ちに寄り添って相談に乗ってくれるのがバイク王

これまで苦楽をともにしてきた愛車を手放すのは、バイク乗りにとって複雑な思いがあります。
例えるなら、最愛の娘が結婚するような感覚でしょうか。
ライダーならなんとなく気持ちが分かってしまいますよね。
さまざまな理由があって手放さなければなりませんが、できれば次のオーナーにも愛されてほしい。
そんなライダーの思いに寄り添ってくれるのが、バイク王です。

バイク王は、大切に乗られてきた愛車をしっかりと評価して適正な買取価格を提案。
これは創業から30年の歴史と、年間取り扱い台数10万台以上という実績があるからできることです。
買い取ったバイクは質の高いメカニックにより整備され、次のオーナーに引き継がれます。
バイク王の販売する中古車は、全車返品保証付き。これも自社の整備力に自信があるからできることでしょう。
次の愛車についても親身になって相談に乗ってくれますし、ライダーにあった適切な提案をしてくれます。
つまりバイク王は、バイクを売るときも買うときもライダーの気持ちに寄り添ってくれる頼れる存在なのです。

バイクを手放すとき、また購入するときも、バイク王ならライダーの気持ちを分かってくれて、親身になって相談に乗ってくれます。まずはバイク王に相談してみてはいかがでしょうか?

バイク王は次のオーナーに安心して乗ってもらうべく、買い取ったバイクをしっかり整備

つるの剛士のWR250Rのオーナー募集!

新CMと同時に展開される新キャンペーンにも注目です。
このキャンペーンは、バイク王のイメージキャラクターを務めるつるの剛士さんがバイク王に売却した愛車「WR250R」を1人に贈るというもの。
つるのさんが愛した大切なWR250R。日常の足として、またツーリングやオフロード走行の相棒として共に時間を過ごしてきた愛車だからこそ、同じように愛してくれる人に乗ってほしいという思いがあるようです。

手放すことに最後まで悩んだというつるのさんは、このWR250Rについて次のようにコメントしています。
「一緒にいるときは手放す瞬間なんて想像してないから、無茶なこともいっぱいやって思いっきり楽しんだし、自分好みにカスタムとかもしちゃったんですよ。今になって思うと、手放したあとに、この子の個性を受け入れて大切にしてくれるオーナーさんが見つかるのかなぁって。申し訳ない気持ちもあり、心配にもなるんですよ」

WR250Rとは多くの思い出があるそうです。
「最初は色んな景色を見に行きたくて、新車で購入してもう6年になりますね。次第に本格的なオフロードへの興味が溢れ出してきて。気が付けば、各地の林道から本格的なコースまで、泥だらけになったり転んだりしながらいろいろな経験をさせてもらいました。オフロードで転倒した際に足が当たってしまうから、フレームを加工してタンデムステップを外してしまったり、シートのグリップが物足りなくてアメリカから取り寄せたシートにカスタムしたり、それ以外のカスタムも含めてオフロードを思いっきり楽しむことにこだわってきたんです」

次のオーナーについての思いも教えてくれました。
「ほかの方にとっては個性が強いかもしれませんが、本当に大好きな愛車でした。ちょっと不便もあるかもしれませんが、走りだせばオンロードもオフロードでもとても楽しい時間を過ごさせてくれます。この子と一緒に、新しい想い出を築いてくださるオーナーさんが見つかることを心から願っています」

つるのさんのWE250Rは、バイク王の世田谷本店の工場が整備を担当
フロントサスペンションの分解清掃
ブレーキ周りの清掃やフルードの交換も実施
操作性を重視して各所にZETAのパーツに換装
グリップ力にこだわったSeat Conceptsのシート

バイク王では、今回のつるのさんのような思いに応えるために、「愛車循環」に取り組んでいます。
ダメージだけでなく、カスタムなどのこだわりポイントも適正に評価しバイクを高値買取。そして優れたスキルによる安心の整備で次のオーナーに販売していく「愛車循環」が、バイク王の目指すところです。
今回のキャンペーンは、そんなバイク王の姿勢を表したものと言えるでしょう。
キャンペーンの応募期間は、2024年1月19日から2月22日まで。
3月上旬に当選者に連絡がいく予定です。

キャンペーン概要

「愛車への想いをつなぐ つるのさんの愛したWR250Rオーナー募集」

■応募期間
2024年1月19日(金)〜2月22日(木)

■企画内容
応募された対象者の中から1人を事務局にて選考し、つるの剛士さんがバイク王に売却したWR250Rを贈呈。

■応募資格
・つるのさんの想いを引き継いで大切にしてくれる人。
・日本国内在住で、AT限定を除く普通自動二輪免許、または大型自動二輪免許を所持。
 または、これらの免許を現在取得中の人(教習所に通学中であることを証明が必要です)
・バイク王会員であること。会員でない人は無料会員登録が必要。

■応募方法
バイク王公式サイトに設置するキャンペーンページ内の応募フォームから、必要事項の入力して応募。

■当選発表
2024年3月上旬頃にバイク王キャンペーン事務局から、エントリーフォームに入力したメール宛に連絡。

■問い合わせ先
キャンペーン事務局メールアドレス
campaign@8190.co.jp

キャンペーン詳細はこちらから

個人情報保護指針

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

あの“モンスターマシン”がズラリ! ニンジャH2オーナーズクラブ取材記 5人のライダーが1台のバイクを乗り継いで札幌から沖縄まで日本縦断!!「トライアンフ タイガー1200 クロスカントリー ラリー」開催 【’80sバイク熱狂時代】今年もアツかった!! 今も変わらず人を惹き付ける「鈴鹿8耐」の熱狂は80年代から始まった

カテゴリー記事一覧