トピックス

【NEWS】6月に開催されるトライアル世界選手権の冠スポンサーがストライダーに決定

栃木県茂木町のツインリンクもてぎで開催される「2018FIMトライアル世界選手権 第2戦」の冠スポンサーが「ストライダージャパン」に決定し、大会名称が「ストライダー 日本グランプリ」となった。なお、ストライダージャパンが冠スポンサーとなるのは、15年から4年連続。

ストライダーとは2歳から5歳の子どもたちを対象とするランニングバイク。ペダルやブレーキがなく足で地面を蹴って進むため、走る・曲がる・止まるというコントロール性能を素直に楽しむことができ、世界中で150万人以上の子どもたちに愛されているという。

日本でも全国各地のバイクイベントで、キッズ向けアトラクションとして試乗イベントも開催されている。今年のトライアル世界選手権日本グランプリのプログラムなどはまだ未定だが、例年ストライダーを楽しめるイベントが開催されているので、子どもたちと一緒にトップライダーの驚嘆のテクニックを見に出かけてみてはいかがだろうか。

 

■開催概要

名称●2018 FIMトライアル世界選手権 第2戦 ストライダー日本グランプリ

開催日●6月2日(土)・3日(日)

会場●ツインリンクもてぎ

栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1

チケット発売日●3月10日(土)~

㉄ツインリンクもてぎ

http://www.twinring.jp/wctrial/

 

(text●片倉義明)

おすすめ記事

東京モーターサイクルショーでとっきーと2ショット撮影! 3月23日編 アメリカンだけのバイク番組がU-NEXTとBSスカパー!で放送決定 軽い・安い・楽しいが詰まった世界!125ccバイクの魅力とは? 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】04.rpm:快適ツーリングのためにETC2.0を装着するぞ! 10万円台で125ccマニュアル車の新車が買える! 海外生産の「日系輸入車」という世界 アプリリア トゥオーノV4 1100ファクトリーの2020年モデルが4月出荷開始「MotoGPマシンイメージのカラーリングに」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP