トピックス

「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2024」は9月7日〜8日に開催決定!会場はHakuba 47 Mountain Sports Park!BMWファンなら絶対参加!

■過去回からデザインイメージを踏襲、継続を強調しているイベントロゴ

BMW Motorradは、「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2024」を、2024年9月7日(土)、8日(日)の2日間、Hakuba 47 Mountain Sports Parkで開催する。

◯開催概要

開催日時: 2024年9月7日(土)~9月8日(日)
会場: Hakuba 47 Mountain Sports Park
〒399-9211 北安雲郡白馬村神城 24196-47
※詳細は2024年初夏以降に、公式ウェブサイトにて随時公開予定。

◯「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN」とは

BMW MOTORRAD DAYS JAPANは、白馬の澄み渡る美しい景観をロケーションに、BMW Motorradの世界観を体験できる様々なコンテンツを通じて、ライダーやその家族を含めたすべての来場者が楽しめるイベント。
前回、18回目の開催となった「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2023」では、ブランド生誕100周年の記念展示や新型モデルの発表イベント、4年ぶりの夜間コンテンツであるBBQパーティーや打ち上げ花火などが行われ、過去最高の6,275人が来場した。

「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN」イメージ

■前回開催までのイメージ。当イベント名物企画のヒルクライムコンテスト。

「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN」イメージ

■前回開催までのイメージ。会場のHakuba 47 Mountain Sports Parkは当イベントではお馴染みの開催場所。

「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN」イメージ

■前回開催までのイメージ。BMWライダー有志によるパレードランが交通安全啓蒙活動として開催された。白馬の美しいロケーションをバックにした走行。

「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN」イメージ

■前回開催までのイメージ。2023年の開催では4年ぶりに花火も復活した。

レポート●モーサイ編集部 写真●BMW MOTORRAD

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

SHOEI公式ショールーム「SHOEI Gallery YOKOHAMA」が2022年11月神奈川県横浜市にオープン!! XSR900 ヤマハ 2022 速報!ヤマハ新型XSR900試乗「レトロな外観も魅力だが、ロードスポーツ車として完成されているのが素晴らしい」 バイクでも採用が進むスマートキー、4輪みたいな「リレーアタック」盗難の危険性はある?

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション