トピックス

トライアンフのバイクが、ショッピングモールで買えるって!? 埼玉県川口市にポップアップストアがグランドオープン

■事前に発表されていたポップアップストアのイメージ図。実際の店内も、清潔な白基調の壁と明るく暖かな照明が映える開放的なスペースとなっている。

国内初トライアンフ・ポップアップストアが、期間限定でイオン川口モールに出現!

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、埼玉県川口市のイオンモール川口内の2階に、正規販売店で初となる期間限定の「トライアンフ埼玉川口ポップアップストア」を12月14日(木)にオープン。

当日の午前に行われたオープニング式典では、トライアンフモーターサイクルズジャパン代表取締役社長:大貫陽介氏の挨拶ほか、店舗運営側のベルを代表して中山大輔氏がコメントを発表。若年・壮年人口も多く二輪への新たなニーズも期待できそうな川口エリアの商業モール内で、車両、アクセサリー・クロージング販売とサービス業務をスタートし、新たな購買層の掘り起こしをねらう。

株式会社ベルは、すでに水戸、宇都宮、柏でトライアンフ正規販売店を運営しているが、今回の期間限定ストアの営業を経て、2024年6月にはトライアンフ最新のCIデザインに準拠した「トライアンフ埼玉川口」を市内にオープンする予定。その情報も追って発表される。

ストア内には最新注目車両のロケット3GT・クロームエディション(302万5000円)、タイガー900ラリー・アラゴンエディション(190万5000円)、ボンネビルT120ステルスエディション(172万3000円)の3台ほか、アクセサリー・クロージングがセンスよく並べられていた。
ロケット3GTクロームエディションの後方には、トライアンフ純正アクササリー・クロージングが並ぶ。カジュアルなデザインのウエア類も多く、タウン向けとしても、興味を引かれそう。

2024年のトライアンフは、モデルラインアップも攻めの姿勢

なお、会場では同時にトライアンフの2024年のモデル計画として、4つの新型モデル投入、6つのモデルで大幅なアップデートを行うとアナウンス。その内、一部情報として発表されたのが、新型スクランブラー1200X登場と、スクランブラー1200XEのアップデート。新たなスクランブラー1200Xは、より多くのライダーが同シリーズを体験できるように、アクセスしやすい820mmのシート高のほか、専用パーツ採用でツーリング性能を確保しつつ手の届きやすい価格(186万2000円)を実現。アップデートした同1200XEは、ブレーキキャリパーとサスペンションの見直しほか、カラバリ変更などを実施し価格は208万8000円。

そのほか新型水冷単気筒DOHCエンジン搭載の400ccモデルで、モダンクラシックロードスターのスピード400(69万9000円)、同系エンジンと車体で軽快なアドベンチャースタイルのスクランブラー400X(78万9000円)が、それぞれ2024年1月より発売されることも公表された。

トライアンフモーターサイクルズジャパンの大貫さんを中心に、左がベルの中山さん。そして前列右と後列4名の計5名は、埼玉川口ポップアップストア・オープニングスタッフの皆さん。

■トライアンフ埼玉川口・ポップアップストア
埼玉県川口市安行領根岸3180 イオンモール川口2階

report&photo●モーサイ編集部

CONTACT

https://kawaguchi-aeonmall.com  (イオンモール川口)

https://www.triumphmotorcycles.jp (トライアンフモーターサイクルズジャパン)

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ビューエルがベースのサイバーパンク? LAM氏初個展『目と雷』展示車両、“雷電”詳細解説 Vツインじゃないハーレー大図鑑「ゴルフカートにスクーター、2ストスポーツも!」1950〜1960年代編 カワサキ「Z」&スズキ「カタナ」 昭和から令和へ受け継がれたブランドを改めて味わう

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事