トピックス

手作業のグラデーション塗装に見惚れる!【トライアンフ】がT-SITEにて「STEALTH EDITIONS実車展示」

■BONNEVILLE BOBBER(Sapphire Purple/Silver Purple)

このカタチに、このペイント……バイクで美を語れる!

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社は、2023年11月22日から東京・代官山と大阪・枚方のT-SITEにて、「STEALTH EDITIONS実車展示」を行う。
先に発表された美しいカスタムグラデーション塗装が施された実写の魅力に触れることができるイベントだ。トライアンフのモダンクラシックの造形美を楽しめる。
なお、会場にてアンケートに回答すると、もれなくトライアンフ「オリジナルロゴステッカー」がプレゼントされる(先着順。数に限りあり)。
さらに、回答者から抽選で10名にトライアンフ「オリジナル卓上カレンダー」2024年版、または抽選で5名にトライアンフTシャツがプレゼントされる(当選者には後日発送)。

◯「STEALTH EDITIONS実車展示」概要

<東京>
会場:T-SITE代官山 蔦屋書店
住所:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15
展示期間:2023年11月22日(水)~28日(火)
展示車両:SPEED TWIN 900(Sapphire Green/Silver Green)

SPEED TWIN 900(Sapphire Green/Silver Green)
SPEED TWIN 900(Sapphire Green/Silver Green)

<大阪>
会場:T-SITE枚方 1Fエントランス
住所:〒573-0032 大阪府枚方市岡東町12-2
展示期間:2023年12月08日(金)~12月10日(日)
展示車両:BONNEVILLE BOBBER(Sapphire Purple/Silver Purple)

BONNEVILLE BOBBER(Sapphire Purple/Silver Purple)
「STEALTH EDITIONS実車展示」

「Stealth Edition」は24年モデルBonnevilleの今季限りの限定車

「Stealth Edition(ステルス・エディション)」は2024年モデルのBonnevilleに設定された8種の限定車で、10月24日に発表されたばかり。モダンクラシックな雰囲気をまとう。8モデルにはそれぞれ独自のタンクペイントが採用されていて、光の加減で色合いが変化するカスタムスタイルのハンドペイントが施されている。
鏡面仕上げのメタリック「シルバーアイス」の下地に、「サファイアブラック」のグラファイトビネットを映えさせ、さらに半透明のラッカー塗料を何層にも塗り重ねて深みを出し、高級感を演出している。
8モデルへの配色と価格は以下のとおり。

Bonneville Speedmaster レッド ステルス・エディション 1,943,000円
Bonneville Bobber パープル ステルス・エディション 1,943,000円
Bonneville T100 ブルース ステルス・エディション 1,403,000円
Bonneville T120 ブルー ステルス・エディション 1,723,000円
Bonneville T120 Black シルバー ステルス・エディション 1,723,000円
Speed Twin 1200 レッド ステルス・エディション 1,793,000円
Speed Twin 900 グリーン ステルス・エディション 1,223,000円
Scrambler 900 オレンジ ステルス・エディション 1,433,000円


「STEALTH EDITIONS DEBUT FAIR」を12月3日まで開催

11月18日(土)~12月3日(日)までの期間中、全国のトライアンフ正規販売店にて「STEALTH EDITIONS DEBUT FAIR」を開催。期間中、正規販売店への来店者にはたためるエコバッグがプレゼントされる(カラーは選べない。一人一点限り。数に限りあり)。
T-SITEでの「STEALTH EDITIONS実車展示」イベントでペイントに魅せられた人はこちら正規販売店で購入の検討を。

レポート●モーサイ編集部 写真●トライアンフモーターサイクルズジャパン

CONTACT

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社
https://www.triumphmotorcycles.jp/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

スーパーカブは「未来の国宝」!? 東京国立博物館『150年後の国宝展』で初代スーパーカブC100を発見! 【NEW TIRE IMPRESSION】MICHELIN ROAD CLASSIC[ミシュラン ロードクラシック] 走行するバイクをサーモグラフィーで撮影したら?「エンジンだけじゃなく、タイヤやブレーキも熱を持つのがよく分かる」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション