トピックス

「マルク・マルケス」選手とツーショットを撮れるチャンス!【SHOEI】がスペシャルイベント(販売・サイン会・撮影会)を開催!  

■「X-Fifteen MARQUEZ7」 スペシャルパッケージ対象製品

株式会社SHOEIはSHOEI契約選手のMotoGPライダーMarc Marquez選手を招き、同選手レプリカヘルメットスペシャルパッケージの販売やサイン会、ツーショットによる撮影会を開催する。
参加者を募集しているので、マルケス選手のファンはお見逃しなく!!

イベント概要

<開催日時/会場>
1 2023年12月4日(月)11:30開始予定 福岡県某所
2 2023年12月5日(火)10:00開始予定 京都府某所
3 2023年12月5日(火)16:00開始予定 神奈川県某所

<販売商品(イベント参加条件)>
イベントへの参加には、下記商品の購入が必要。
・「X-Fifteen MARQUEZレプリカスペシャルパッケージ(184,800円)

X-Fifteen MARQUEZ MOTEGI4
X-Fifteen MARQUEZ7

<スペシャルパッケージ内容>
1 「X-Fifteen MARQUEZ MOTEGI4」もしくは「X-Fifteen MARQUEZ7」  ※応募の際に希望のヘルメットいずれかを選択する。
2 選手本人仕様ティアオフフィルム付き CWR-F2R シールドダークスモーク(赤ホック)
3 「MM93火消猫Tシャツ」もしくは「SHOEI Tシャツ」 ※「X-Fifteen MARQUEZ MOTEGI4」の希望者には「MM93火消猫Tシャツ」、「XFifteen MARQUEZ7」の希望者には「SHOEI Tシャツ」がそれぞれ同梱される。なお、Tシャツのデザインや色の変更・指定はできない。
4 「MM93マグカップ」

1〜4 全てのアイテムにイベント当日、マルケス選手よりサインを入れてもらえる。

2 選手本人仕様ティアオフフィルム付き CWR-F2R シールドダークスモーク(赤ホック)
3 「MM93火消猫Tシャツ」もしくは「SHOEI Tシャツ」
4 「MM93マグカップ」
4 「MM93マグカップ」

【イベントへの申込み方法】
1 SHOEIオフィシャル会員サイト『my SHOEI』の会員登録が必要。
(すでにアカウントがある場合は、新たに会員登録する必要はない)
※当選結果の連絡のためにも登録が必要。
2 申込フォームにアクセスし、必要事項を記入する。

【申し込み受付期間】
2023年11月10日(金)〜2023年11月19日(日)
当選連絡は11月21日(火)を予定
※申込者多数の場合は抽選。
※当選者のみ、『my SHOEI』に登録したメールアドレスまで連絡がある。落選者への連絡は割愛される。
※支払い期日についても当選者のみに連絡される。期日までに入金が確認できない場合、申し込みはキャンセルとなるので注意。

【その他のご注意事項】
同イベントには他にも詳細設定があるので、参加希望者はイベントの申し込みフォームを確認のこと。


イベント参加できない人も、スペシャルパッケージの購入ができる!

本イベント開催に伴い、SHOEI Gallery TOKYOとSHOEI Gallery OSAKAでは同一のスペシャルパッケージを数量限定で販売する。イベント同様に申込者の中から抽選で販売する。
【SHOEI Gallery TOKYO/OSAKA販売商品】
・「X-Fifteen MARQUEZレプリカスペシャルパッケージ(157,300 円)」
※スペシャルパッケージの内容に変わりはない。
※こちらは販売のみで、Marc Marquez選手の来店はない。
※イベントと同じ申し込みフォームでの応募が必要。

レポート●NANA-KO 写真●SHOEI

CONTACT

SHOEI
https://www.shoei.com/
SHOEIオフィシャル会員サイト「my SHOEI」
https://store.shoei.com/member/login.php
申し込みフォーム
https://forms.gle/6ZyGvUZ35Sb9SGCF8

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【全日本ロードレース選手権第2戦】鈴鹿2&4レース「JSB1000」はヤマハの中須賀選手が制し27連勝 XL750 トランザルプ ホンダ ホンダ XL750トランザルプ試乗「新世代トランザルプはライバルやアフリカツインとは異なる、意外な資質を備えていた!!」 2023【マン島TT 現地速報!】10日目 サイドカーTT&スーパースポーツTT決勝「ダンロップ選手(YZF-R6)はスーパースポーツのレース2も制す!」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション