トピックス

アライヘルメット「RX-7V FIMレーシング#2」が FIMのヘルメット新規格をいち早くクリア

■FIM世界格式ロードレースで2026年から施行されるヘルメット新規格の承認を受けたRX-7V FIMレーシング#2(海外名)

衝撃吸収性において最も厳しいとされるスネル規格をほぼ全モデルでクリアしつつ、安全性のさらなる進化を追い求めるアライヘルメット
厳しい安全基準のクリアを示すFIM承認マーク

2026年から始まるFIM世界格式レース向けの新規格「FRHP he-02」に対応

FIM(国際モーターサイクリズム連盟)が2026年から施行する世界格式レース参戦向けヘルメットの規格が「FRHP he-02」へアップデートされるにあたり、アライヘルメットは他メーカーに先駆け次期ロードレーシング用フルフェイス「RX-7V FIMレーシング#2」(海外名)のXSからXXXLまでの全サイズについてFIMから承認を受けたと発表した(従来モデルは「RX-7X FIMレーシング#1」)。

FIMは世界最高峰二輪レースのMotoGP、世界耐久レース(鈴鹿8耐含む)、SBK(スーパーバイク世界選手権)など世界格式の国際モーターサイクルスポーツ活動の管理・権限を持つ組織で、FIM管轄のレースでは承認を受けたヘルメットを被ることが義務化されている。

*「FRHP he-02」とは「FIM・Racing・Homologation・Programme・helmet phase2」の略。

安全基準をさらに高めたFIMレース用ヘルメットの新規格「FRHP he-02」とは

従来の「Phase1」を上回るこの新規格は、ヘルメット表面に分布する22ヵ所の衝撃点の内9~13ヵ所に無作為に衝撃を加えるのに付け加えて、新たな閾値(境界域の数値)要件を定めたほか、斜め衝撃アンビル(ヘルメットを打ち付ける鉄床)に対する新たな衝撃試験、衝撃時に生成される回転誘起を測定するための半球形アンビルに対する衝撃試験、緊急時の頬パッド取り外し試験や、頭蓋骨骨折基準の導入などの新しい基準が含まれている。

この安全水準を向上さた「FRHP he-02」規格のヘルメットは、2026年からFIM公認競技(トライアル、電動アシストバイク、オフロードラリー、流線形マシンのみによる陸上速度世界記録のライダーを除く)で義務化される。
新たに登場する「RX-7V FIMレーシング#2」は、あくまでFIM世界格式レース対応モデルだが、この高水準の技術が近い将来市販用ヘルメット製造にもフィードバックされていくことだろう。


なお「RX-7V FIMレーシング#2」の承認にあたり、FIMのホルヘ・ビエガス会長は「FRHPhe-02はライダーの安全性水準を高める目標であり、2019年のサーキットレーシング選手権で導入されたFRHP he-01の要件を超えています。FIMを代表してアライヘルメットに対し、ライダーの頭部保護を改善するという同社の取り組みと、この新しいプログラムの下で最初の公認ヘルメットモデルであるRX-7V FIMレーシング#2を発表したことについてお祝いを申し上げたい」とコメント。

そのうえで、アライヘルメット代表取締役社長の新井理夫氏は「FIMからのこのニュースは、アライが何十年も正しい道を歩んできたことを示唆している。アライで働く全ての人を代表して、FIMに心からの感謝の意を表させて頂きます」と述べている。

まとめ●モーサイ編集部 写真●アライヘルメット

CONTACT

アライヘルメット TEL:048-641-3825
https://www.arai.co.jp/jpn/top.html

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ホンダ CB1000ホーネットの実車をお触り検証。足着きもチェック!【モーターサイクルショー2024】 ホンダのペーパークラフトは完成度が高い? ペーパークラフトデザイナーや紙工作作家の正直な感想 アライ「ラパイド・ネオ」に新グラフィック「REACT」(リアクト)登場! 大人ネオレトロがテーマのヘルメット

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション