トピックス

「全日本モトクロス第8戦」(10月28日〜29日、埼玉県)に「Honda 応援席」が用意された! 定員200人、無料!

■レース観戦エリアに「Honda応援席」を設置

楽しく観戦できるような情報配布とプログラム

株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは、オフロードヴィレッジ(埼玉県川越市)にて2023年10月28日(土)〜29日(日)に開催される「D.I.D 全日本モトクロス選手権シリーズ2023第8戦埼玉トヨペットCUP」のレース観戦エリアに、HondaGO会員を対象とした「Honda応援席」を設置する。

「Honda応援席」はモトクロスレースをより楽しめるよう、Hondaのインフォメーションスペースと観戦席を一体化させたブース構成としている。古参のレースファンも初めての観戦者もみんなでホンダのライダーを応援できるよう、ライダーとコミュニケーションが図れる施策も用意されている。

※「HondaGO会員」=「HondaGO BIKE RENTAL」をはじめ、HondaGO各種サービスを利用する際の共通IDを持つ人

レース観戦エリアに「Honda応援席」を設置

○レース開催概要

・レース名 「D.I.D 全日本モトクロス選手権シリーズ2023第8戦埼玉トヨペットCUP」
・開催日 
2023年10月28日(土)全日本クラス予選・IBOPEN決勝ヒート1
2023年10月29日(日)全日本クラス決勝
・開催場所 オフロードヴィレッジ(埼玉県川越市)

○「Honda応援席」利用条件

・利用条件 
レース観戦券を購入し、HondaGO RIDEアプリをダウンロードしたスマートフォンを使いHondaブース内でチェックインした人が対象(チェックインした人にはHonda応援フラッグを配布)
・定員 200名(参加者多数の場合は入場が制限されることもある)
・利用料金 無料

レポート●モーサイ編集部 写真●ホンダ

CONTACT

D.I.D全日本モトクロス選手権シリーズ2023
https://www.mfj.or.jp/national/2023-mx-all-japan/

 

HondaGO RIDE(アプリダウンロードページ)
https://hondago-ride.jp/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【NEW MODEL】CBR250RRがカラーリングを変更 HRCワークス仕様カラーも追加! 【デグナー】「NB-201」は使いやすいサイズの防水シートバッグ!アイテムの出し入れも、バッグの固定も、スムーズにこなせる この巨体でリッター40km超えは反則でしょう!? キムコ・ダウンタウン125i ABSでガチ燃費調査してみた!!【モーサイ燃費調査室】

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション