トピックス

【NEWS】第40回ダカールラリーはKTMが優勝

ホンダは総合2位となり優勝を逃す

40回目を迎えた世界一過酷なレース、ダカールラリーは1月20日(土)に最終ステージを終了し、二輪クラスでKTMが17連覇を達成。一方、2013年に復帰してから6年目のシーズンを迎え、1989年以来の総合優勝を目指していたホンダは、ケビン・ベナバイズ選手がこの日のトップでゴールしたものの、総合優勝を果たしたKTMのマティアス・ウォークナー選手に17分弱の差を付けられ総合2位でのフィニッシュとなった。

今年のダカールラリーは、前半はホンダ、KTM、ヤマハらが首位争いを繰り広げた。悪天候によりキャンセルとなったステージ9まではヤマハのアドリアン・ファン・ベヴェレン選手が総合トップに立っていたが、ステージ10では彼を含めてミスコースや転倒する選手が続出し、KTMのM・ウォークナーが40分近い差を付けて総合トップに躍り出る。ステージ11以降はホンダのK・ベナバイズ選手が追い上げたがステージ10での差は大きく、復帰後初の優勝は持ち越しとなった。

 

(text●片倉義明)

おすすめ記事

事故のない毎日の実現のために! ダンロップが全国タイヤ安全点検を実施 【’90s名車列伝】目指すはOVER300km/h! ’90年代最速マシンの象徴、ZZ-R1100の挑戦(前編) もはや死語? 「ポンピングブレーキ」ってそもそも教習所で教えているの? SHOEI Z-7に海をイメージした個性的なグラフィックモデルが登場 【スーパーカブで楽しむツーリング】カブ下道紀行:廃墟探訪、鬼怒川温泉と足尾銅山 匿名係長 第5回 ドゥカティ1199パニガーレの巻(前編)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP