トピックス

電動バイク「CAKE」のショールームが丸の内にオープン! 原付クラスで86万9000円、上級オフロードモデルが291万5000円

スポーツアパレル大手のGOLDWIN(ゴールドウイン)は2023年4月28日、日本で独占販売するスウェーデンの電動バイクブランド「CAKE(ケイク)」のポップアップショールームをオープンさせた。場所は東京駅の目の前にある丸の内ビルディング1階。ビジネスマンや買い物客、観光客など幅広い人々が行き交う立地を生かし、環境に配慮したバイクの認知を拡大する狙いだ。

丸の内にCAKE Tokyoがオープン

ゴールドウインは、ザ・ノース・フェイスやヘリーハンセンなどアウトドア系ブランドのアイテムを製造・販売するスポーツアパレルメーカーだ。二輪の分野でも、高機能・高品質なライディングウエアやツーリングバッグは多くのライダーに支持されている。
スポーツを通して人と自然との理想的な未来を目指すゴールドウインは、2022年10月に、スウェーデンの電動バイクブランド「ケイク」の日本での独占的パートナー権を取得。そして2023年4月28日、東京駅前にある丸の内ビルディングの1階に「CAKE Tokyo」を開設した。ケイクとしては日本初のショールームで、日本で販売される主要モデルが展示されるほか、アパレルや小物も販売。さらに一部車種は試乗もできる。

東京・丸の内周辺を走行できる試乗会も5月3日以降に実施予定。試乗車はMakka RangeとKalk &の2モデル
センスのいいアイテムが並ぶ
ヘルメットやTシャツ、ゴーグルなど、小物類も販売される
白で統一されたショールームはとてもクリーンなイメージだ

CAKEはどんな電動バイク?

ケイクはエンジンを搭載しない電動バイクだ。製造するのは「CAKE 0 emission AB(ケイク ゼロ エミッション)」で2016年に創業。ケイクのマシンは無駄のないシンプルなシルエットが特徴。これは従来のバイクのイメージとはかけ離れている。電動パワートレーンが与える「クリーン」な印象を、全身でアピールしているかのようだ。
バッテリーEVのため、走行中のCo2排出はゼロである。そして、リサイクル可能な素材の多用や製造工程でのCo2排出低減など、環境への配慮は非常に深い。すでに欧州などで4000台以上を販売しているという。

基本モデルは、オフロードタイプのKalk(カルク)、直線的なメインフレームを持つOsa(オッサ)、フレームワークがユニークなシティコミューターMakka(マッカ)の3タイプ。それぞれに派生モデルが存在する。
価格はかなり高い。もっとも安価なのが、原付クラス、つまり四輪の免許でも乗れるMakka range(マッカ レンジ)で86万9000円。オフロードタイプの上級版 Kalk&(カルク アンド)は291万5000円。完全にプレミアムバイクである。
1月に行われた発表会以降、東京・恵比寿のザ・ノース・フェイス店舗や東京モーターサイクルショーで展示されたケイク。高級マシンであるにも関わらず、すでに購入を決めた人もいるという。
このケイクがどこまで普及するかは未知数だ。しかし、バイクにも電動化の選択肢は必要である。また、単にエコなだけでなく、エンジンとはひと味違う加速感、斬新なデザイン、ノイズレスなど、電動だからこその魅力も数多い。
この新たなショールームで、ゴールドウインとケイクが示す「バイクの未来」に、ぜひ触れてみてほしい。
ケイクの8モデルは2023年5月25日からウェブ販売を開始する予定だ。

【CAKE Tokyo】
東京都千代田区丸の内二丁目4番1号 丸の内ビルディング 1F
POP UP 展開期間:4月28日~8月下旬予定
TEL:090-6001-5922
営業時間
平日・土曜 11:00~21:00
日曜・祝日 11:00~20:00
定休日:不定休(丸の内ビルディングに準ずる)

CAKE 主要モデル紹介

Kalk&(カルク アンド)

Kalk&(カルク アンド)
軽量ボディと252Nmの高トルクで異次元の走りを見せる多用途オフロードモデル
291万5000円
免許:普通自動二輪免許(AT限定含む)
最高速度:90km/h
航続距離:86km
公道走行:可
車両重量:79kg
最大瞬間出力:10kW
定格出力:5.8kW

Makka range(マッカ レンジ)

Makka range(マッカ レンジ)
86万9000円
静粛性に優れ、軽快に街を駆ける、原付免許で乗れるアーバンモビリティ
最高速度:30km/h
航続距離:66km
免許の種類:原動機付自転車免許(原付)
車両重量:70kg
最大瞬間出力:1kW
定格出力:0.6kW

Osa+(オッサ プラス)

Osa+(オッサ プラス)
どんな街の風景にもよく似合うシンプルデザイン。100km以上の走行が可能
225万5000円
免許の種類:普通自動二輪免許(AT限定含む)
最高速度:90km/h
航続距離:111km
公道走行:可
車両重量:97.5kg
最大瞬間出力:9kW
定格出力:6.0kW

Kalk OR RACE(カルク オーアール レース)はオーリンズのサスペンションを装備
Kalk OR RACE(カルク オーアール レース)、281万6000円
多彩なオプション品で自分だけのマシンに仕立てられる
2023年1月に行われた発表会では、短時間ながら試乗もできた。軽量な車体と優れた静粛性、そして音のない加速が新鮮だった

レポート&写真●モーサイ編集部

NOTE

CAKE
https://goldwin.ridecake.jp/

 

CAKE Tokyo(ケイク トウキョウ)
東京都千代田区丸の内二丁目4番1号 丸の内ビルディング 1F
TEL:090-6001-5922

 

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

2024 レブル 1100 T ホンダ 1100ccクルーザー「ホンダ レブル1100T」2024年モデルが2月発売! ホイールのカラーを変更 ヤマハ トリシティ発売10年目記念イベント!7月22日(土)にヤマハが「トリシティ カフェ」を箱根で開催 レディース専用!なめらかフィット!「スーパーストレッチ ジーンズ」ライディングデニムが【OXFORD】から!

カテゴリー記事一覧