トピックス

ニン、ニン、ニンで忍者の日。カワサキ ニンジャシリーズって?

ニンジャの始まり

毎年2月22日は忍者の日です。日本記念日協会が2015年に登録した日だそうで、2が3つ並び、「ニン、ニン、ニン」という語呂合わせからこの日になったそうです。
ちなみに2月2日(ニンニン)から2月22日までを忍者月間として、日本忍者協議会が各地の忍者に関するイベントをPRしています。
さて、バイクの世界で忍者といえば、もちろんカワサキのニンジャシリーズでしょう。
ニンジャ H2 SXやニンジャ ZX-10Rなど、現在ではカワサキスポーツモデルの車名になっていますが、元をたどると1983年登場(1984年モデル)のGPZ900Rの北米市場での販売名称として使われたのが始まりです。
細かいことをいってしまえば、GPZ900Rにおいて北米モデルだけがニンジャなのです。

GPZ900R (A1)1984年モデル。欧州仕様車 。
Ninja(A1) 北米仕様車。サイドカバーには「Ninja」の文字だけが入ります。上の欧州仕様と比べるとカウルのサイドリフレクター追加、ハンドル、ステップの取り付け位置変更、短いリヤフェンダーなどが北米仕様の特徴です。

当時、アメリカでは映画の影響で忍者ブームが起きていて、それを背景に北米での名称が決まったという話がありますが、この映画(ショー・コスギ主演 『燃えよNINJA』)は登場する忍者がヌンチャクを振り回していたりして、わりとトンデモ映画の部類というのが筆者の感想です。ともあれ、忍者ブームがこのときアメリカで起きていたのは確かでした。

Z1から続いた空冷エンジンを一新し、新設計の水冷エンジンをダイヤモンドフレームに搭載、さらに空力特性を詰め、第2世代のZ1として登場したGPZ900R(北米名Ninja)。最高速250km/hをオーバーするエンジンや車体はいかにして決定されたのかについては1984年に別冊モーターサイクリスト誌がカワサキ技術陣にインタビューを行なっています。今となってはとても貴重な記録となっているこの記事をモーサイでは再編集し掲載しています。

NINJAがどんどん増えていく

北米でのNinja(900)の人気の高まり、販売面での成功に気を良くしたカワサキは900R以降のモデルも北米においては「Ninja(NINJA)」の名で売り出します。

GPZ1000RX (1986年登場)の北米での名称は「NINJA1000R」900Rのエンジンを997ccまで排気量を上げ、前後16インホイールを履くモデルです。
1985年登場のGPZ600Rの北米名は「NINJA600R」。日本ではアルミ製クロスフレーム(600はスチールフレーム+クロス部はフレーム風パーツ)にし、排気量を日本の免許制度に合わせGPZ400Rとして販売されました。

ニンジャという名称が北米だけの限定的なものではなく、いまのように車名として組み込まれるようになったのは1993年登場(1994年モデル)のNinja ZX-9Rからです。Z1、GPZ900Rに続く、3代目の900として鳴り物入りで登場しました。
当時の日本では逆輸入という形でしか入手できませんでしたが、1993年の第30回東京モーターショーに展示され、登場時から大きな話題となりました。
ZX-9Rというカウルの車名ロゴをカタカナ読みし、タマ(ZXタマとかユメタマとも…)という人もいました。
以降、カワサキはニンジャという言葉を北米仕様以外の車名にも組み込み、世界的に使われることになっていきます。

ZXR750のエンジンをベースに排気量を拡大。スポーツライディングをねらったモデルでしたが、当時は車重の軽いライバル車に押され気味でした。1998年にフルモデルチェンジを行ない、この型の車重215kgに対し、一気に35㎏も軽くなり人気モデルへと生まれ変わります。
ZX-タマ? ユメタマ? どうでしょうそんなふうに見えますか? そういえば2月22日はにゃーにゃーにゃーで猫の日でもありますね。

隠密活動? アジアのレアなニンジャ

ニンジャRR インドネシアで販売されていた2ストロークエンジン搭載のニンジャです。水冷2スト単気筒ケースリードバルブの149ccエンジンを積んでいました。スチールフレームで最高出力は約29馬力です。
ニンジャSS。RRのノンカウルモデルです。カウルがなくなり、丸目ヘッドライトという出で立ちでいわゆるネイキッドモデルです。前後17インチのホイール、前後ディスクブレーキ、2ストロークのエンジンはRRと変わりません。

レポート●飯田康博 写真●カワサキ/八重洲出版

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

エクスペリアやアクオスに対応するUAの汎用ハードケースが上陸 21世紀ホンダ破天荒伝説「Nプロジェクト、その全貌」 第6章:もう引っ込みがつかない──Bite 【モーサイチャンネル】東京モーターサイクルショー2018 スズキNEWモデルインタビュー&紹介!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション