トピックス

「DUNLOPサーキットステーション2023」(住友ゴム工業)がスタート!初心者から経験豊富なライダーまで、幅広くサーキット走行を楽しめる

■走行風景(2022年:モビリティリゾートもてぎ)

プロのレースカメラマンが走りを撮ってくれる!

「DUNLOPサーキットステーション2023」は、初めてサーキット走行を経験するライダーからスポーツ走行を楽しみたい経験豊富なライダーまで、幅広い層を対象としたサーキット走行会。自分のレベルにあったクラスで走行ができるのをはじめ、走行前にはライディングアドバイスを受けることができるため、初心者でも安心してサーキット走行を楽しむことができる。さらに、プロのレースカメラマンによる参加者の走行中の写真撮影も実施される。

2022 MFJ全日本ロードレース選手権 ST1000クラス チャンピオン
渡辺一馬選手によるライディングアドバイス
(2022年:岡山国際サーキット)

DUNLOPタイヤ装着者への特別割引や早期申し込み割引、レディース割引があるほか、レーシングスーツ・ブーツを持っていない人向けに有料のレンタルサービスも用意されている。(数量限定)
詳しくはDUNLOPのイベントページをチェックしてみよう。

■スケジュール
5月20日(土) モビリティリゾートもてぎ(旧 ツインリンクもてぎ)/栃木県
8月29日(火) 岡山国際サーキット/岡山県
10月4日(水) 鈴鹿サーキット/三重県


■参加料金及び割引について
参加料金・割引金額は、会場により異なるため各会場の詳細ページを確認のこと。本年度より以下の割引が実施される。
◆早期割引(開催日1ヶ月前までに申込みと参加料金のお支払が完了された方)
◆レディース割引(女性の方)
◆ヤング割引(開催日に満26歳以下の方)
※各割引の併用不可

レポート●NANA-KO 写真●住友ゴム工業

CONTACT

住友ゴム工業株式会社
ダンロップ サーキットステーション2023
https://dunlop-motorcycletyres.com/circuit_station2023/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!第48話:ヘッドライトにはハロゲン?LED?それぞれの特徴は…… 全国のトライアンフ正規販売店で新車やアクセサリーがお得に購入できる「オールラインアップフェア」を開催 高速道路での2人乗り、場合によっては違反!? 意外と知らないバイクタンデムの基礎知識

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション