トピックス

【南海部品】が「会社設立70周年」を迎え、リブランディングを発表。オリジナル商品「STAR」シリーズのロゴも新たに設定

分かりやすい新マークになった

「オートバイ用品といえば南海部品」
南海部品が会社を設立して2023年で70周年を迎える。バイク用品販売において常にトップレベルを目指し、誇りを持って活動している南海部品が、リブランディングを行う。会社のロゴをマイナーチェンジすると共に、大阪・箕面店のリニューアルオープンを4月に控える。順次店舗の看板を新しいロゴにかけ替えていくとのこと。
70周年の節目にユーザーへの感謝の心を持って、社会における役割を見直し、実践していく貴重な機会と踏まえ活動する。詳細は以下のとおり。

新しいコーポレートマーク

●コーポレートマークリニューアル
現代のデザインテイストや多様化するデジタルデバイスに合うよう、従来のコーポレートマークをブラッシュアップ。

●シリーズロゴを設立
南海部品オリジナル商品シリーズを象徴する図案として新たに「STAR」シリーズを始動。 シリーズごとにそのニーズにあった機能・特徴をNANKAIが培った技術でフィードバック。 共通する複数の分野をユーザーがより効率的に選択することが可能になる。

・S…SPORTS PRODUCT(スポーツシリーズ)
・T…TOURING PRODUCT(ツーリンスシリーズ)
・A…ALL ROUND PRODUCT(オールラウンドシリーズ)
・R…RACING PRODUCT(レーシングシリーズ)

●コーポレートサイトリニューアル
現在のデジタルデバイスにあわせ、スタイリッシュに、情報をよりわかりやすく提供するため、サイトを再構築。発表:2023年3月初旬予定

●南海部品箕面店リニューアル
リブランディング後、初となる店舗リニューアル。
地元に根付いて45年、 南海部品箕面店はこれからもライダーと共にありつづけるために生まれ変わる。
リニューアルオープン予定日:2023年4月15日(土)

レポート●NANA-KO 写真・ロゴ●南海部品

CONTACT

南海部品株式会社
http://www.nankaibuhin.co.jp/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

イギリスのバイク用品ブランド「OXFORD」からメンテンナンスマットが発売! ライズのデフサプライから汎用防水スマホケースが登場 今や当たり前だけど「アルミフレーム、FI、倒立フォーク」国産車で初採用のモデルは?【日本車はじめて物語】

カテゴリー記事一覧