トピックス

キャンプツーリング初心者に優しいお店! 京都にオープンした「アドベンチャーレオ」に潜入

京都市左京区に「アドベンチャーレオ」がオープンしました。
アドベンチャーレオは、レオ洛北店だった店舗を改装したバイクとアウトドアの専門店。バイクに乗って、大自然や知らなかった世界との遭遇を体験したい──。そんなワクワクした気持ちに応えられるお店を目指しているそうです。
さっそくアドベンチャーレオにお邪魔してきました。

ソロキャン用のギアがずらり

「冒険」をテーマにしたバイクショップ、アドベンチャーレオが京都市左京区にオープンしました。
場所は北大路通沿いにあり、高野橋のすぐそばです。

看板の上からのぞき込んでいるゴリラが目印

店内に入ってみると、木材やウッドチップが敷かれたスペースがあり、早くもアウトドアな雰囲気。そこにテント、焚き火台などがどどんとディスプレイされ、キャンプツーリングの楽しさを一気にイメージさせてくれます。
店内には、林道を楽しめそうなマシンたちと、ソロキャンプにぴったりなギアがずらり。
店長の久保さんはキャンプや林道ツーリングを愛する趣味人。愛車のグロムにブロックタイヤを履かせ、景色のいいところでコーヒーを飲むのが最高のひとときなのだとか。バイク×アウトドアを多くの人に楽しんでほしいと、この店を立ち上げたそうです。
棚に並んだキャンプギアは、バイクに積載しやすいよう、軽量コンパクトで高機能なものが集められています。また、価格的にも初心者に優しいものがほとんど。最初から高いキャンプギアを購入するのも悪くありませんが、まずは気軽に試してほしいという思いからのセレクトです。
「バイク×コーヒー入門コーナー」には、コーヒー好きの久保店長がセレクトしたお薦めアイテムが並び、おいしいコーヒーのいれ方も分かりやすく紹介。
ほかにも、アルコールバーナーや調理ギアのコーナーなど、初心者もついワクワクしてしまうようなアイテムが揃っていました。

ハードルの高すぎない、コスパと機能性に優れたアイテムが揃っています。ロゴスのギアが多め
バイク×コーヒー入門コーナーでは、必要なギアのほか使い方も説明してくれていました
こちらはアルコールバーナーのコーナー。使い方が視覚的にイメージしやすいディスプレイです
焚き火×メスティンで簡単にキャンプメシを楽しめちゃう!
最近のソロ用チェアは快適なのにコンパクト
もちろん積載のためのバッグ類もありました

オンロードマシンを林道仕様にカスタム

バイクは自然のなかを駆け回れるワクワク系が並んでいます。
1階にはモンキー、グロム、Z125にブロックタイヤを履かせたカスタム車を展示。
アドベンチャーレオは、このオンロードモデルにブロックタイヤを履かせて林道仕様にするカスタムが得意ワザなのです。
コストをそこまでかけずに、林道と舗装路の両方を楽しめる二刀流バイクが作れるので、キャンプツーリングをやってみたいという人にもお薦めなのだとか。
「ちょっとカスタムするだけで新しい景色が見えます。ほかにも、いろいろなカスタムの相談に乗りますよ」と久保店長。自身でも愛車をカスタムして楽しんでいるだけに、とっても心強いのです。

ホンダ グロムにブロックタイヤを履かせた林道仕様。カラーリングもシブい!
手前はハーレーダビッドソンのパンアメリカ。奥はカワサキZ125のブロックタイヤカスタム車
いろいろな「二刀流」カスタム車を展示。どんなカスタムにしようか、どんな遊び方をしようかと、イメージが湧いてきます
3階にもバイクがずらり。オフロード・アドベンチャー系だけでなく、オンロードモデルもあります
こちらも3階の様子。展示車は入れ替わりますのでご注意ください
2階にはスクーター系に加えて電動バイクが!

バイク×アウトドアのイベントを毎月開催

アドベンチャーレオでは毎月イベントを実施しています。
「メスティンで作るキャンプメシ」や「湧き水をくんでコーヒーをいれる」など、誰でも参加できるテーマなのが特徴。
「初心者にいきなりテント泊はハードルが高いですよね。なので、できるだけ簡単なテーマにしてあります。日帰りのデイキャンプでも、バイクとアウトドアの魅力はたっぷり体感してもらえますから。イベントを通して、お店がライダー同士の交流の場になれればと思っています」と久保店長はイベントを開催している意図を教えてくれました。

最後に久保店長に、アドベンチャーレオをどんなお店にしていきたいか、聞いてみました。
「バイク×アウトドアは無限の楽しさがあると思っています。バイクでちょっと自然のなかを走って、いい景色を見たり、焚き火をしてコーヒーを煎れたり。それだけでワクワクできますよね。また、イベントなどに参加していただいて、スタッフや参加者さんとつながってもらうのも楽しさのひとつ。今の世の中、ちょっと疲れちゃっている人もいるかも知れません。そんなときは、バイクで自然のなかを走って、リフレッシュしてほしい。そんなワクワクするバイクライフを提案し、また応援していけるお店になれればと思っています」
バイクでもっとワクワクしたい人は、ぜひアドベンチャーレオを訪れてみましょう!

京都周辺のお薦め林道コースも紹介してくれます
休憩スペースもウッディでアウトドアな雰囲気。癒やされる〜
新車や中古車の販売、アウトドア用品の販売やレンタルのほか、定期点検や一般修理、バイク用品やカスタムパーツの販売、カスタムバイクの制作なども行うアドベンチャーレオ

レポート & 写真●編集部・太田力也

お問い合わせ

アドベンチャーレオ
京都府京都市左京区下鴨東森ヶ前町10-3
(旧 レオ洛北店)
075-711-0051
営業時間●10:00〜19:00
定休日●水曜日、第1・3・5木曜日
※冬季(12月〜2月)は水・木曜日
http://www.leotanimoto.co.jp/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

この見た目でライディングウェア! 【alpinestars】「モーステックタータンシャツ」は、安全機能をユニークデザインで包んだ イクソン「フィアスA」シンプルなルックスに工夫が満載!使い勝手が熟慮された逸品 【TANAX】から「ミニフィールドシートバッグEX」など「MOTOFIZZ」のバッグが複数デビュー! 「大阪モーターサイクルショー2023」会場から

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション