125cc

125ccは、道路交通法では小型二輪、車両運送法では原付二種に区分される50㏄を超える排気量のバイクは、軽くて小さな車体に必要十分なパワーを持ち、さらに導入や維持のコストが安いのが魅力だ。

  1. 同車種の125ccと150ccクラス「どっちが買い?」ホンダ PCX、ヤマハ NMAX&トリシティをコスト面から考える

    原付二種でも、軽二輪でも車両代やガソリン代はあまり変わらない?現在、新規の二輪免許取得者が増加中です。理由はともあれ、昨今の情勢から電車やバス移動などの代替手段として、二輪車が注目されているのは間違いないでしょう。さて、通…

  2. ロイヤル アロイ TG ランブレッタ

    【ロイヤル・アロイ詳細解説】イギリスからやってきた「鉄スクーター界」のニューブランド! 125ccを4種ラインアップ

    一部の旧車ファンを熱狂させる「鉄スクーター」の世界古き良き時代のデザインと、時代を感じる乗…

  3. ヤマハ新型電動スクーター E01開発者インタビュー「実はコーナリングも楽しめるEVに仕上がっています」

    2022年7月から日本で実証実験が開始されるヤマハの新型電動スクーター「E01」は、ガソリンエンジ…

  4. ヤマハ E01 EV

    ヤマハ最新EV E01試乗「航続104kmで125ccスクーター同等の実用性」その走りと使い勝手を確かめる

    原付二種=125cc相当の電動バイク、ヤマハ E01が日本を走り始める1980年代から環境…

  5. ダックス 125 ST125 ホンダ

    ホンダがダックス125や新型スーパーカブ110をモーターサイクルショーで初公開! 海外ではダックスのスペックも明らかに

    ホーク11、ダックス125、ディスクブレーキのスーパーカブ110がモーターサイクルショーで初披露…

  6. スクーターに「SUVブーム」が到来!? ホンダとアプリリアが2022年モデルでオフ系スクーターを発表

  7. シグナス グリファス ヤマハ

    【ヤマハ シグナス グリファス詳細解説】水冷エンジンでパワーも燃費も「X」よりアップ!35万7500円で12月登場

  8. グロム ホンダ 2021

    ホンダ グロムを新旧比較試乗「新エンジン&改良されたフレームで走りはどう変わったのか?」

  9. ホンダ 3代目グロム開発者インタビュー【車体編】「開発者自身がグロムでレースをしてきた経験を注入!」

  10. グロム ホンダ

    ホンダ 3代目グロム開発者インタビュー【エンジン編】「5速化でもっと楽しく、軽量化で走りも燃費も良く!」

  11. ホンダ新型グロム 20代女子的試乗レポート「ホントに125cc? 長距離ツーリングしたくなるポテンシャル!」

  12. PCX e:HEV メーター ハイブリッド

    ハイブリッドはバイクに向かない?「国産メーカーではホンダとヤマハのみ、採用車種も少ないのはなぜか」

  13. CT125・ハンターカブとキャンプへ行ってみた「衣装ケースをそのまま積載できる荷台が使いやすい!」 

  14. 【ヤマハ新型NMAX ABS徹底解説】初のフルモデルチェンジ!アイドリングストップも搭載、36万8500円で6月発売

  15. 新色“マットグリーン”を採用 ヤマハの125ccスクーター、アクシスZの2021年モデルが登場

  16. 【詳報】万能スクーター、ホンダ・PCXシリーズが全面刷新!! 完全新設計のエンジン&フレームを採用して2021年1月28日発売

  17. この巨体でリッター40km超えは反則でしょう!? キムコ・ダウンタウン125i ABSでガチ燃費調査してみた!!【モーサイ燃費調査室】

  18. 中免は名前が変わり、AT限定もある! 令和時代の二輪免許&乗れるバイクの種類を解説

  19. 61年前の大健闘 ホンダがマン島TT初挑戦で崩した“世界の壁”

  20. 驚異の10万円台! ホンダが世界に誇る実用バイク「CG125」は中国生産車でもちゃんと走るのか?

注目記事

BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ZERO MOTORCYCLES SR/S
PAGE TOP