125cc

125ccは、道路交通法では小型二輪、車両運送法では原付二種に区分される50㏄を超える排気量のバイクは、軽くて小さな車体に必要十分なパワーを持ち、さらに導入や維持のコストが安いのが魅力だ。

  1. スクーターに「SUVブーム」が到来!? ホンダとアプリリアが2022年モデルでオフ系スクーターを発表

    EICMAで発表された2022年モデルに、オフロード系スクーターが2機種登場クルマの世界で今最も人気のあるジャンルといえば「SUV」ではないでしょうか。ご存知の方も多いかと思いますが、SUVとは「Sport Utility…

  2. シグナス グリファス ヤマハ

    【ヤマハ シグナス グリファス詳細解説】水冷エンジンでパワーも燃費も「X」よりアップ!35万7500円で12月登場

    新型125ccスクーター「シグナス グリファス」が12月に発売、WGP 60th Annivers…

  3. グロム ホンダ 2021

    ホンダ グロムを新旧比較試乗「新エンジン&改良されたフレームで走りはどう変わったのか?」

    新型ホンダ グロムの走りを従来型グロムと比較新開発のエンジンを搭載するのみならず、フレーム…

  4. ホンダ 3代目グロム開発者インタビュー【車体編】「開発者自身がグロムでレースをしてきた経験を注入!」

    新型=3代目グロムのフレーム「カスタムの可能性を拡大」2021年のフルモデルチェンジで3代…

  5. グロム ホンダ

    ホンダ 3代目グロム開発者インタビュー【エンジン編】「5速化でもっと楽しく、軽量化で走りも燃費も良く!」

    小排気量のレジャーバイクといえばホンダ!小排気量でも楽しさに満ちた 「レジャーバイク」。か…

  6. ホンダ新型グロム 20代女子的試乗レポート 「ホントに125cc? 長距離ツーリングしたくなるポテンシャル!」

  7. PCX e:HEV メーター ハイブリッド

    ハイブリッドはバイクに向かない?「国産メーカーではホンダとヤマハのみ、採用車種も少ないのはなぜか」

  8. CT125・ハンターカブとキャンプへ行ってみた「衣装ケースをそのまま積載できる荷台が使いやすい!」 

  9. 【ヤマハ新型NMAX ABS徹底解説】初のフルモデルチェンジ!アイドリングストップも搭載、36万8500円で6月発売

  10. 新色“マットグリーン”を採用 ヤマハの125ccスクーター、アクシスZの2021年モデルが登場

  11. 【詳報】万能スクーター、ホンダ・PCXシリーズが全面刷新!! 完全新設計のエンジン&フレームを採用して2021年1月28日発売

  12. この巨体でリッター40km超えは反則でしょう!? キムコ・ダウンタウン125i ABSでガチ燃費調査してみた!!【モーサイ燃費調査室】

  13. 中免は名前が変わり、AT限定もある! 令和時代の二輪免許&乗れるバイクの種類を解説

  14. 61年前の大健闘 ホンダがマン島TT初挑戦で崩した“世界の壁”

  15. 驚異の10万円台! ホンダが世界に誇る実用バイク「CG125」は中国生産車でもちゃんと走るのか?

  16. 20万円で買えるスポーツバイク風(←ここ大事!)125cc車 ホンダCBF125Rの実力は

  17. 世界ではカブに匹敵する大人気実用車、ホンダCG125を知っていますか?

  18. 新車が17万円で買える125cc「ホンダ車」CBF125T 走りは? 装備は? コスパは? 実際乗ってチェックしてみた

  19. 「アジア製品=安いだけ」はもう古い!台湾二輪メーカーSYMの輸入を再開したその理由とは

  20. 1充電での航続距離はどれくらいなのか? ホンダPCX エレクトリックの可能性を探る

注目記事

  1. Z1 モリワキ 8耐
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄 第49回 東京モーターサイクルショー

ピックアップ記事

  1. カタナ 2022 スズキ
  2. YZF-R7 ヤマハ
  3. Z1 カワサキ 1972 900スーパー4
PAGE TOP