技術

  1. モノサス、ターボ、アルミフレーム…… 現代のバイクシーンにつながる「昭和に生まれた技術」

     1970年(昭和45年)辺りから1980年代終わりまでの約20年間、バイクに関わる技術(発想・構造・生産技術・材料など)は驚くほど進歩した。これまでの技術を発展させたものからまったく新しいものまで、さまざまな技術が登場。この時代の技術…

  2. 【ヒストリー】バルブスプリングの挑戦

    二輪車をはじめ現在市販される一般公道用のエンジンは、その多くがレシプロの4サイクルを採用しています。…

注目記事

BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP