スクーター

  1. 新色“マットグリーン”を採用 ヤマハの125ccスクーター、アクシスZの2021年モデルが登場

    アクシスZが、上質かつ落ち着いた雰囲気の新色「マットグリーン」を採用して登場した。発売日は2021年2月5日、メーカー希望小売価格は24万7500円(税込)。ヤマハ・アクシスZは1790mmのコンパクトなボディに、走りと環境性能を…

  2. 【詳報】万能スクーター、ホンダ・PCXシリーズが全面刷新!! 完全新設計のエンジン&フレームを採用して2021年1月28日発売

    125ccおよび150ccクラスのスクーターで最も人気を集めているホンダ・PCXシリーズが、ついに…

  3. この巨体でリッター40km超えは反則でしょう!? キムコ・ダウンタウン125i ABSでガチ燃費調査してみた!!【モーサイ燃費調査室】

    いやぁ、これだけ走れば十分合格点(?)でしょう。キムコ・ダウンタウン125i ABSの燃費調査結果…

  4. コレ1台で十分じゃね!? カッコ良くてコスパ良し「ホンダ・ADV150」の燃費をガチ調査してみた!!【モーサイ燃費調査室】

    2020年2月14日に発売され、高い人気を集めているホンダ・ADV150。150ccクラス…

  5. キムコ ダウンタウン125

    巨大すぎる125cc「ビッグスクーターにしか見えない!」 キムコ・ダウンタウン125i試乗

    250ccスクーターとほぼ同じサイズのダウンタウン125i税金や保険など維持費が安く、高速…

  6. 国産150cc〜250ccスクーター「気軽に乗れそうだし足着きいいでしょ」とは限らない!? 身長159cmの女性ライダーが8車を検証

  7. 街中で見かけたらラッキー? 1980年代に生まれ淘汰されていった変わり種バイクたち

  8. もしかしたら大ヒット車になったかもしれない? 1970〜80年代に大量発生した「ユニーク原付」たち

  9. ディオvsジョグの対決と、独自路線のセピアがまぶしかった…… ついに終焉を迎えた「原チャリブーム」ヒストリー【1990年代編】

  10. 「DJ ・1」や「チャンプ」などのカッ飛びスクーターが大流行! 80年代後半も続く「50cc原チャリ大戦争」【1988-1989年編】

  11. まさに「原チャリ大戦争」!! 1980年代に巻き起こった百花繚乱の50ccスクーターヒストリー【1985-1987年編】

  12. まさに「原チャリ大戦争」!! 1980年代に巻き起こった百花繚乱の50ccスクーターヒストリー【1980-1984年編】

  13. コロナで需要拡大中の125ccスクーター、オシャレな海外ブランドにも注目!【編集部オススメモデル7選】

  14. PCXユーザーはADV150に乗り換えたくなるのか? ターゲットドンピシャのライダーが試乗して考えてみた

  15. クルマの免許で乗れるバイク「こんなにあるの!?」 ギヤ付きモデルに海外ブランドまで18選

  16. まるでスクーター版コンパクトSUV! ホンダADV150が2020年2月に発売

  17. 「アジア製品=安いだけ」はもう古い!台湾二輪メーカーSYMの輸入を再開したその理由とは

  18. 1充電での航続距離はどれくらいなのか? ホンダPCX エレクトリックの可能性を探る

  19. 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史7】歴史の荒波に消えたスクーターたち(1964〜1968年)

  20. 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史6】急速に縮小するスクーター市場(1960〜1963年)

注目記事

  1. レブル1100
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP