ニューモデル

〈動画あり〉Honda CL250/500が実車公開。スクランブラースタイルがかなりいい感じです

レブルのスクランブラー版?

EICMA2022でお披露目されたホンダ CL500は、日本では500ccと250ccの排気量で販売が予定されています。先ごろEICMAには無かったCL250の実車初公開となる撮影会が行なわれましたので、その模様を紹介します。

CL250。カラーはキャンディーエナジーオレンジ。※試作車のため、量産車とは一部仕様が異なる場合があります。

すでにお伝えしているように、CLはモダンなイメージを持ったスクランブラースタイルのモデル。レブルのエンジンやフレームをベースにしながら、ホイールサイズの変更、アップマフラーなどによって、まったく違ったスタイリングに仕上がっています。
スクランブラーというジャンルの定義はいろいろありますが、かなり大ざっぱに説明するとオンロードバイクを基本形にしながら、オフ走行に適するよう各部のパーツを変えたモデルといっていいでしょう。アップマフラーの装着やシート、ハンドルをオフ走行に適したものに換装し、ブロックタイヤを装着するのが一般的な手法です。もちろん機種によってはフレームの変更を行なっているものもあります。

レブル500とEICMAで発表されたCL500の比較画像。ヘッドパイプからリヤアクスルに向かうデザインワークのレブルに対し、水平基調に改められているのがCLといえます。

そうしたジャンルの成り立ちからいえば、CL250はレブルのスクランブラー版といえる存在です。
ホイールサイズはレブルの前後16インチから、CLはフロント19、リヤ17インチになったことで外観はかなり伸びやかな印象を受けました。とはいえ、スリムな車体は変わらず、CLが大きいというよりはレブルが小さいことを改めて思いました。

CL250のエンジン変更点は?

現在、メーカーからリリースが発表されているのはCL500だけで、その中にはECUをCL専用に変え、最終ギヤ比をショートに設定して、シャープな加速を実現……と記してあります。おそらく同様の変更が250にも行なわれていると予想できます。(ECUはエンジンコントロールユニットの略で、点火タイミングや混合比、インジェクションの吐出量を決めています)。同系エンジンを搭載するCRF250Lからの制御系の流用などもあるかもしれません。

アップマフラーはエキパイが下に伸び、ステップの後ろで上に向かうデザインです。この部分は賛否が分かれるでしょうが、ダートを走る上で気になる最低地上高を犠牲にしてでもライダーの足着きなどを含め、ライディングポジションを優先した結果といえるでしょう。
そして、大きめなサイレンサーが上に配置されていますが、車体側に追い込んだデザインになっていてタンデムライダーにとってそれほど邪魔にはならないように思えました。

タンク下のフレームワークを変更して、座面がフラット気味なシートを装着していることで、シート高はレブルから100mmアップの790mmになっています。試作車のため、今回の撮影会では車両にまたがることはできなかったのですが、スリムな車幅や、足を降ろすあたりに邪魔をするものがないことを考慮すると、足着き性は数字ほど悪くなっていないのではないかと思われます。
このあたりはリリースを待って、再度確認したい部分です。


CL250/500 撮影会動画&関連記事

関連記事
<画像大量>レブルベースのスクランブラー「CL500」登場! CL250も日本発売確定!? カスタムも楽しめる!

レポート●飯田康博 写真●柴田直行/飯田康博

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

CB1300SF/SBに発売30周年記念モデルを設定 CL250 ホンダ スクランブラー 【ホンダ CL250速攻試乗!】スクランブラーであり、実は「出来の良いロードスポーツ」でもある 【最新「護る」ツール】ミツバサンコーワから使い勝手が最高なバイク用ドラレコが登場!

カテゴリー記事一覧