試乗インプレッション

自分に合うADVを探せ! 圧巻の動力性能と抜群の高速安定性を誇るKTM「1290スーパーアドベンチャーS」

兄弟車の390、790アドベンチチャーとライディングポジションを比較する

KTMがラインアップする3つのアドベンチャーモデル(390、790、1290)の乗車姿勢と足つきを確認してみよう。写真で並べてみると大きな違いは見受けられないが、390はシートもスリムでハンドル位置も近くコンパクトな印象。790はシートの幅がやや広がり、イメージよりも足着きは良くないが、腰が低い位置にある印象。1290はタンク長があり、ハンドル位置がやや遠く幅も狭め。オフロードよりもオンロード走行を重視しているセットアップだ。

KTM 1290スーパーアドベンチャーSに165cm、62kgのライダーがまたがった場合の乗車姿勢。
KTM 1290スーパーアドベンチャーSに165cm、62kgのライダーがまたがった状態。
KTM 390アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった場合の乗車姿勢。
KTM 390アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった状態。
KTM 790アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった場合の乗車姿勢。
KTM 790アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった状態。

もっと知りたい! レーシングライダー鈴木大五郎に聞くKTMアドベンチャーシリーズについての10の疑問

今回試走&インプレッションレポートを行ったレーシングライダーの鈴木大五郎氏に、KTMアドベンチャーシリーズ前3車種について10の質問をした。「自分が選ぶなら?」という質問に、鈴木氏が出した答えは……?

Q.1 エンジンのレッドゾーンはいずれのモデルも1万回転から……やはり高回転型なのでしょうか?

A.1  高回転域でのパワフルさがKTMのマシンに共通する魅力でもありますが、過去のモデルのように低回転域がおろそかになることがないのが最新バージョンです。スポーツバイク的痛快さは持ちつつ、ツーリングシーンで急かされるようなことのない懐の深さを感じさせてくれます。

Q.2 390が44馬力、790が95馬力、1290が160馬力と、出力差は非常に大きいようですが、体感的にも大きな差がありますか?

A.2 数字は嘘をつきません。アクセルをしっかり開ければその違いは明白です。

Q.3 大型二輪免許を持っていますが、セカンドバイクとして390を候補に考えています。物足りなさを感じたりしませんか?

A.3 非常に高いバランスを持っているのが390。物足りないどころか、メインバイクの登場機会が少なくなってしまうかもしれませんよ。

Q.4 790の燃料タンクはエンジンの左右を囲んでいるようですが、やはり重心が低くなっている印象はありますか?

A.4 オフロードモデルらしい腰高感は少ないと言えます。足周りも短めなので、その印象はより強く、安心感も高められています。

Q.5 シート高がいずれも高いようですが、不安は感じませんか?

A.5 身長が165cmの僕としては「感じない!」と言い切ることはできません(笑)。アドベンチャーモデルですから、これは仕方ないですよね。車高が高いのもメリットの一部ですから。

右から1290 スーパーアドベンチャーS、390アドベンチャー、790アドベンチャー。

Q.6 単気筒、並列2気筒、V型2気筒とエンジン形式はバラバラですが、フィーリングに共通性はありますか?

A.6 フリクションなくしっかり回る感覚はすべてKTMらしいといえますが、390は排気量も小さいのでちょっと異質ではあります。790はVツインっぽいフィーリングなので、1290との兄弟感は非常に高いですね。

Q.7 ダートや林道走行の走破性は、フロントが21インチの790が一番高いのでしょうか?

A.7 絶対的な走破性はそうなるでしょう。ただし、軽さやコンパクトさなど、390の走破性や気楽さが脇道に入る勇気をくれます。ある意味一番アドベンチャーできるとも言えるかも。

Q.8 ネイキッドやロードスポーツ車から乗り換えても、ワインディングの走りは楽しめそうですか?

A.8 790や1290には、よりオフロードシーンに対応したRモデルがあるだけに、今回のモデルはオンロードでの走りをしっかり視野に入れている印象です。自由度も高いので、楽しいだけでなく、「これらに勝つ」というのはなかなか難しいかもしれませんよ。

390アドベンチャー。

Q.9 のんびりと走っても楽しめますか? あるいはどれが一番のんびり走れますか?

A.9 ベースには過激さが見え隠れしますが、電子制御等のアップグレードによってのんびり走れる性能も併せ持っているのが現代のKTMです。そのなかでも、トルクを生かして走れる1290が一番のんびり走るのには向いています。

Q.10 この中で1台、大五郎さんならどれを選びますか?

A.10 390 アドベンチャーです。

KTMアドベンチャーシリーズの気になる実走燃費は?

KTMがラインアップする3つのアドベンチャーモデル(390、790、1290)を燃費と航続巡航距離で比較してみよう。各車約570kmを走行して燃費を実測した結果、390アドベンチャーでは26.3km/L、790アドベンチャーでは22.6km/L、1290スーパーアドベンチャーSでは17.6km/Lとなった。

またシーン別の燃費では、ワインディングを含む一般道での燃費が390アドベンチャーでは28.6km/L、790アドベンチャーでは20.3km/L、1290スーパーアドベンチャーSでは15.4km/Lとなった。
高速道路での燃費は390アドベンチャーでは25.2km/L、790アドベンチャーでは24.5km/L、1290スーパーアドベンチャーSでは20.3km/Lを記録した。

KTM アドベンチャーシリーズ3車を諸元で比べる

KTM 1290スーパーアドベンチャーS主要諸元

KTM 1290スーパー アドベンチャーS。

[エンジン・性能]
種類:水冷4ストロークV型2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:108.0mm×71.0mm 総排気量:1301.0cc 最高出力:118kW<160ps>/8750rpm 最大トルク:140Nm<14.3kgm>/6750rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2255 全幅:900 全高:1530 ホイールベース:1565(±15) シート高:860/875(各mm) タイヤサイズ:F120/70ZR19 R170/60ZR17 車両重量:222kg(半乾燥) 燃料タンク容量:23L
[価格]203万6100円

KTM 390アドベンチャー主要諸元

KTM 390アドベンチャー。

[エンジン・性能]
種類:水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:89.0mm×60.0mm 総排気量:373.2cc 最高出力:32kW<44ps>/9000rpm 最大トルク:37Nm<3.8kgm>/7000rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2085 全幅:923 全高:1263 ホイールベース:1430 シート高:855(各mm) タイヤサイズ:F100/90−19 R130/80−17 車両重量:161kg(半乾燥) 燃料タンク容量:14.5L
[日本仕様価格]75万9000円

KTM 790アドベンチャー主要諸元

KTM 790アドベンチャー。

[エンジン・性能]
種類:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:88.0mm×65.7mm 総排気量:799.0cc 最高出力:70kW<95ps>/8000rpm 最大トルク:88Nm<9.0kgm>/6600rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2260 全幅:900 全高:1470 ホイールベース:1509(±15) シート高:830/850(各mm) タイヤサイズ:F90/90−21 R150/70R18 車両重量:196kg(半乾燥) 燃料タンク容量:20L
[価格]156万3000円

試乗レポート●鈴木大五郎 写真●山内潤也 編集●中牟田歩実

1

2

お問い合わせ

KTM☎03−3527−8885

KTM公式ホームページ

おすすめ記事

スズキ&意外なプジョー!実は少ない同ブランド間「クルマ×バイク」コラボモデル ハスクバーナのスクランブラー「スヴァルトピレン」に250ccモデルが登場 ランエボvsインプレッサ対決の前哨戦!? スクーターでもライバルだった三菱と富士重工
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. エレクトラグライドリバイバル ハーレーダビッドソン
PAGE TOP