試乗インプレッション

コレ1台で十分じゃね!? カッコ良くてコスパ良し「ホンダ・ADV150」の燃費をガチ調査してみた!!

2020年2月14日に発売され、高い人気を集めているホンダ・ADV150

150ccクラスのスクーターでは他に類を見ないアドベンチャースタイルのスタイリングだけでなく、その優れた燃費性能も注目を集めているバイクです。

以前当サイトにて調査した、ADV150の街乗り+高速道路の合計燃費は約43.1km/Lと、WMTCモード値である44.1km/Lに迫る数値を叩き出しています。

交通の流れに乗って走行してもこれだけの好燃費を出せるならば、燃費走行にウエイトを置いた場合はさらなる好成績が期待できるはず。

そこで今回は、一般道と高速道路それぞれの燃費を計測。ADV150の燃費性能を検証してみることにしました。

一般道のみで静岡県浜松市へGOッ!

というわけで、さっそく燃費調査へ出発です。

出発は深夜午前1時半。夏時期はこのくらいから走り始めたほうが、体力的にも有利なのです。

燃料タンクは8リットルですので、WMTCモード値をベースに考えると、満タンでの航続距離は約352.8km。

そこで、自宅より約300km地点にある静岡県浜松市の浜松浜北IC付近を目指して走行を行い、燃費調査を行うことにしました。

ルートとしては国道357号から東京ゲートブリッジを通過して環七通りへ。そして国道246号を経由して国道1号を走行し、1号バイパス森岡ICより県道343号線を北上して国道152号へと至るルートとなります。

パワフルかつ良好な取りまわしのADV150

夜間や早朝は比較的流れの速い国道246号線。法定速度を厳守して走行し、後続車に追いつかれた場合は素直に道を譲ります。

詳しい車両インプレッションは別記事にて詳しく紹介しているので割愛しますが、個人的に特に印象的だったのは、燃費を重視した走行でも感じられる、パワフルな出力特性。

ゼロ発進から法定速度までの加速はもちろんのこと、車両の追い越しなどで増速したい場合でも、スロットル開度に応じて気持ちよくスピードが上昇していきます。これはベースとなっているPCX150よりも低中速時を重視した出力特性となっている事が大きいのでしょう。

車重はPCX150よりも3kg増の134kgとなっていますが、前述の出力特性と相まって取りまわしはとても軽快。Uターンや低速域での操作性も良好で、調査走行中に不安を感じた場面は皆無でした。

あえて気になったポイントを挙げるとするならば、ライディングポジションで少々悩んでしまったことでしょうか?
想定しているライダーの身長が高めなのか、はたまた筆者の腕が短い(?)のか。長距離走行を想定してシートストッパーに当たる位置に着座すると「あと3cmくらいハンドル位置が手前に欲しいな……」と感じてしまいます。

幅広のハンドルはクランプ部が太くなっているタイプのもの。個人的にはもう少し手前にあるとポジションが自然になると感じました。

もちろんハンドルに合わせて着座位置を変えれば済む話ですし、ライダーの体格に寄って印象が変わるポイントですので、個々人の好みに合わせて調整すれば問題ないでしょう。

リッター55km超え! 驚きの低燃費のADV150

スクエア形状を採用したADV150の液晶メーター。燃料計や瞬間燃費計のほか、切り替えることにより電圧計や平均燃費計を表示することが可能。

ADV150の燃料メーターは目盛りが9分割されて表示されていますが、約91km地点でひと目盛り目、125km地点でふた目盛り目、163km地点で3目盛り目が減少。
その後も208km、254km、294kmと、おおむね40〜50kmごとにメーターの目盛りが減っていったようです。

寄り道したり道に迷ったりしながら、予定地である新東名浜松浜北IC付近に到着したのが、出発より9時間半が経過した午前11時のこと。

313km走行し、浜松浜北インターチェンジ付近のガソリンスタンドに到着。果たして燃費はいくつだ……!?

浜松浜北IC付近のガソリンスタンドに到着した時点での走行距離は313kmでしたが、メーターは残り2目盛りを残していました。想定距離よりも40kmほど短いですが、メーター表示を見る限り良好な数値が期待できそうです。

はてさて、いったいどのような燃費が出るのか。ワクワクしながら給油してみると……313km走行して、給油量はわずか5.64L! つまり燃費は、WMTCモード値を上まわる約55.5km/Lということになります。

この燃費であれば、満タン給油で444kmも走行が可能ということになります。一般道での移動が多いユーザーであれば、十分な航続距離といえるのではないでしょうか。

一般道のみの走行距離は313km。
給油量は5.64L。ということは……リッター55.5km!

交通の流れを阻害しないため、燃費走行を行いつつもスロットルを開けることが多かったのですが、それにも関わらずこの好燃費。さすがは環境性能の高い「eSP」エンジン(※1)を搭載している車両であるといえるでしょう。

  • ※eSP…「enhancedSmartPower」の略。アイドリングストップを快適に行う「ACGスターター」を始めとするホンダの低燃費技術および先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーターエンジンの総称。

高速道路の燃費はどうか?

一般道で予想以上の燃費を叩き出してくれたADV150。それでは高速道路を走行した場合の燃費はいかほどなのでしょうか?

いざ、高速道路の燃費計測にチャレンジ!!

そこで浜松浜北ICより首都高速新富町ICまでの約240kmにて、高速道路走行時の燃費を調査。今回は80〜100km/hをキープする燃費走行ではなく、周囲の流れに合わせた速度にて計測を行うこととしました。

調査を行った一部区間は最高速度が120km/hに設定されていますので、燃費はそれほど伸びないのでは……と思ったのですが、いざ調査を終えてみると、走行距離236.8kmに対し給油量は5.89Lという数値でした。

高速道路の走行距離は236.8km

給油量は5.89L。つまりリッター40.2km!!

つまり、高速道路は約40.2km/Lという燃費になります。

WMTCモード値よりも下まわったとはいえ、ほぼ100km/hキープで走行しての数値ですから、十分満足のいく結果といえるのではないでしょうか。

ADV150があれば、ほかにはなにも要らない!?

SLを運行していることで知られる大井川鐵道の新金谷駅。ちょっと道を外れて寄り道……なんてことも、ADV150なら気兼ねせず行えます。

一般道路も高速道路も予想以上の燃費を出してくれたホンダ・ADV150。

燃費だけでなく走行性能も必要十分であるだけに、ADV150があればバイクライフがさらに充実することは間違いないでしょう。

懸念があるとすれば、あまりに使い勝手がよくて他のバイクに乗るのががおっくうになってしまう可能性があることくらいでしょうか?

「使い勝手がよくてカッコイイスクーターが欲しい!」と探している人は、ぜひ1度現車を見てみることをオススメしますよ!

ホンダADV150諸元

[エンジン・性能]
種類:水冷4ストロークOHC単気筒 ボア・ストローク:57.3mm×57.9mm 総排気量:149cc 最高出力:11kW<15PS>/8500rpm 最大トルク:14Nm<1.4kgm>/6500rpm 変速機:無段変速式
[寸法・重量]
全長:1960 全幅:760 全高:1150 ホイールベース:1325 シート高:795(各mm) タイヤサイズ:F110/80-14 R130/70-13 車両重量:134kg 燃料タンク容量:8L

車両本体価格:45万1000円(税込)

おすすめ記事

置くだけでスマホを充電! ワイヤレスチャージ機能付きスマホホルダー DEF-MS2 デグナーがヘルメットを脱いだ後にぴったりな本革製キャップ3種を発売 提携したのは技術だけじゃなかった? ヤマハ-トヨタの意外な「同名モデル」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
  1. VT250
PAGE TOP