ニューモデル

ミラノショーにトレーサー9 の最上級モデル、「トレーサー9GT+」を出展

ヤマハは、11月8日からイタリア・ミラノで開催されるEICMA2022(通称ミラノショー)に、スポーツツアラーのトレーサー9 GT+を出展する。

トレーサー9は、888cc並列3気筒DOHCエンジンをダイヤモンドフレームに搭載するMT-09をベースに、アドベンチャーツアラーに仕上げたモデル。今回発表されたトレーサー9 GT+は、従来のトレーサー9 GTにミリ波レーダーを使ったアダプティブクルーズコントロール(ACC)を追加したのがトピックだ。

このミリ波レーダーにはIMU(慣性計測装置)が組み合わされており、前を走る車両との車間距離に対してライダーのブレーキ入力が足りない場合、前後配分を調整しながら自動的にブレーキをアシストする「レーダー連動ユニファイドブレーキシステム(UBS)」を搭載。ミリ波レーダーとUBSの連携機能はモーターサイクルでは世界初の採用で、さらに電子制御サスペンションの連動も行う。

前走車との車間距離を検知し一定の距離を保って追従走行するACCは四輪車では普及が進んでいるシステムだが、ヤマハのモーターサイクルでは初の採用となる。

このほか、加速・減速にかかわらずシフトアップとダウンに対応する第3世代のクイックシフターや、イルミネーションライトを装備したハンドルスイッチ、スマホ連携機能を搭載した7インチ高輝度TFTメーターも採用。ツアラーモデルとしての性能を大幅にアップデートさせたトレーサー9 GT+は、日本でも2023年夏以降に発売を予定している。

まとめ●モーサイ編集部

問い合わせ先

ヤマハ発動機
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【’80sバイク熱狂時代】スーパーカブとライバルたちが繰り広げた伝説の燃費No.1争奪戦 CB1000ホーネット、MT-09、GSX-S1000GX、Z500/ニンジャ500…2023ミラノショーのニューモデル一挙紹介 GPZ900R カワサキ カワサキ GPZ900R誕生秘話【車体&デザイン編】「目指したのは最高速250km/hの性能」

カテゴリー記事一覧