ニューモデル

ミラノショーにトレーサー9 の最上級モデル、「トレーサー9GT+」を出展

ヤマハは、11月8日からイタリア・ミラノで開催されるEICMA2022(通称ミラノショー)に、スポーツツアラーのトレーサー9 GT+を出展する。

トレーサー9は、888cc並列3気筒DOHCエンジンをダイヤモンドフレームに搭載するMT-09をベースに、アドベンチャーツアラーに仕上げたモデル。今回発表されたトレーサー9 GT+は、従来のトレーサー9 GTにミリ波レーダーを使ったアダプティブクルーズコントロール(ACC)を追加したのがトピックだ。

このミリ波レーダーにはIMU(慣性計測装置)が組み合わされており、前を走る車両との車間距離に対してライダーのブレーキ入力が足りない場合、前後配分を調整しながら自動的にブレーキをアシストする「レーダー連動ユニファイドブレーキシステム(UBS)」を搭載。ミリ波レーダーとUBSの連携機能はモーターサイクルでは世界初の採用で、さらに電子制御サスペンションの連動も行う。

前走車との車間距離を検知し一定の距離を保って追従走行するACCは四輪車では普及が進んでいるシステムだが、ヤマハのモーターサイクルでは初の採用となる。

このほか、加速・減速にかかわらずシフトアップとダウンに対応する第3世代のクイックシフターや、イルミネーションライトを装備したハンドルスイッチ、スマホ連携機能を搭載した7インチ高輝度TFTメーターも採用。ツアラーモデルとしての性能を大幅にアップデートさせたトレーサー9 GT+は、日本でも2023年夏以降に発売を予定している。

まとめ●モーサイ編集部

問い合わせ先

ヤマハ発動機
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

読める? 難読インターチェンジ名5選「徳次郎」の読み方は「とくじろう」じゃない!? スティードやドラッグスターなどの「アメリカン」が大ブーム! 90年代に人気を集めた400ccアメリカンバイク5選 新大阪駅から徒歩5分!! SHOEIギャラリーが誕生「現行モデルが全て見られ、ここでしか買えない商品も」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP