ニューモデル

人気クルーザー、ホンダ レブル250がカラーチェンジ&環境性能をアップ

ホンダは人気250ccクルーザーのレブル250と同Sエディションのカラーバリエーションを変更し、さらに最新の排出ガス規制に適合させた2023年モデルを発表。12月22日に発売する。

レブル250は、足着き性に優れる低いシート高と軽快な走行性能、力強さを感じさせるデザインなどで2018年から4年連続125〜250ccクラスの国内販売台数トップを維持する人気モデル。その2023年モデルは環境性能の向上とともにカラーリングが変更された。なお、スペック上の変更点はない。


レブル250は、マットジーンズブルーメタリック/マットアーマードシルバーメタリック/マットフレスコブラウンの3色から、パールスモーキーグレー/マットガンパウダーブラックメタリック/パールメタロイドホワイトの3色に変更。白系のカラーリングは現行モデルでは初の採用となる。価格は従来型の1万1000円アップとなる61万500円。

パールスモーキーグレー
マットガンパウダーブラックメタリック
パールメタロイドホワイト

レブル250 Sエディションは、ヘッドライトカウルやダイヤモンドステッチ風のワディング加工が施されたフロントシート、フロントフォークブーツやフォークカバーなどの純正アクセサリーを標準装備としたモデル。カラーはパールスペンサーブルーとマットアクシスグレーメタリックから、チタニウムメタリックとキャンディーディーゼルレッドに変更された。こちらも赤系のカラーは初採用だ。価格は64万9000円で同じく従来型の1万1000円アップとなっている。

チタニウムメタリック
キャンディーディーゼルレッド

ホンダ レブル250主要諸元

[エンジン・性能]種類:空冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:76.0mm×55.0mm 総排気量:249cc 最高出力:19kW<26ps>/9500rpm 最大トルク:22Nm<2.2kgm>/6500rpm 変速機:6段リターン WMTCモード燃費:33.7km/L
[寸法・重量]
全長:2205 全幅:820 全高:1090 ホイールベース:1490 シート高:690(各mm) 車両重量:171[172]kg タイヤサイズ:F130/90-16 R150/80-16 燃料タンク容量:11L
[価格]
61万500円[64万9000円]
※[ ]内はエディション

まとめ●モーサイ編集部

問い合わせ先

ホンダお客様相談センター
TEL:0120-086819
https://www.honda.co.jp/motor/

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

カメラマン柴田のGB350日記#11「0円でできるチューニング=リヤショックで味変と、ABSとトラコンと」 「沿道の見所は?」栃木県・日塩有料道路が12月11日より通行料無料化! コレ1台で十分じゃね!? カッコ良くてコスパ良し「ホンダ・ADV150」の燃費をガチ調査してみた!!【モーサイ燃費調査室】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP