ニューモデル

国産メーカーモデルでは久々となるモタード、KLX230SMが登場!

カワサキモータースジャパンは、日本メーカー車としては久しぶりのラインアップとなるモタードモデル、KLX230SMを発表。価格は57万2000円で、10月15日にリリースする。

KLX230SMは、デュアルパーパスのKLX230 Sと同じ空冷4スト単気筒232ccエンジンをファインチューニングして、高張力鋼のペリメターフレームに搭載。前後タイヤを17インチ化し、フロントブレーキディスクをKLX230 Sのφ265mmからφ300mmに大径化するなどオンロードでの走行性能を高めている

フロントサスにはφ37mmの倒立フォークを採用。リヤはプリロード調整機構が付いたニューユニトラック式サスペンションとなる。

232cc水冷単気筒エンジンはKLX230 Sと同じ19馬力/1.9kgmの性能を誇る
フロントブレーキはディスクを大径化。もちろんABSも搭載する。ホイールトラベルはKLX230 Sの158mmから204mmとなったが、ブレーキング時のノーズダイブはストリート向けに最適化されている
リヤブレーキディスクはKLX230 Sと同じφ220mm
ヘッドライトはLED化された。デザインはKLX230 Sとは異なるものだ
ニューユニトラック式リヤサスはKLX230 Sと同形式。ホイールトラベルも168mmで同じだ

KLX230SM主要諸元

[エンジン・性能]
種類:空冷4ストローク単気筒OHC2バルブ ボア・ストローク:67.0mm×66.0mm 総排気量:232cc 最高出力:14kW(19ps)/7600rpm 最大トルク:19Nm(1.9kgm)/6100rpm 変速機:6段リターン WMTCモード燃費:33.4km/L
[寸法・重量]
全長:2050 全幅:835 全高:1120 ホイールベース:1375 シート高:845(各mm) タイヤサイズ:F110/70-17 R120/70-17 車両重量:136kg 燃料タンク容量:7.4L
[車体色]
エボニー
[価格]
57万2000円

まとめ●モーサイ編集部

問い合わせ先

カワサキモータースジャパン
https://www.kawasaki-motors.com/mc/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

民間人立入禁止の人工島が東京湾にある! 明治〜大正時代に造られた旧日本軍の海上要塞「第二海堡」って知ってる? 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第19話:のんびり気まま〜なドラッグスター250君【隔週連載】 GSX-600F スズキ カタナ KATANA ル・マン優勝車「初代・油冷GSX-R750」の系譜を継ぐナゾのカタナ「スズキGSX-F」シリーズとは?

カテゴリー記事一覧