ニューモデル

カワサキがデュアルパーパスモデル、KLR650をフルモデルチェンジ!

カワサキモータースジャパンは、北米などで発売しているデュアルパーパスモデル、KLR650を13年ぶりにフルモデルチェンジした。

KLR650

新型は日本でも発売されている軽二輪アドベンチャー、ヴェルシス-Xに似たスタイルに刷新。LEDヘッドライトを新採用し、ウインドシールドを大型化するなど、よりスタイリッシュに生まれ変わった。なお、KLR650の特徴であるアップフェンダーは新型にも継承されている。

セミダブルクレードルフレームに652cc単気筒エンジンを搭載

エンジンは652cc水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブで、最高出力と最大トルクは未発表。インジェクションを採用して燃費性能を向上させ、さらに冷間時や高地での始動性もアップ。23Lの大容量燃料タンクや、電装アクセサリーの追加に対応する発電容量の大きなジェネレーターの採用、よりリラックスしたライディングポジション、振動低減のためハンドルなどにラバーマウントを採用するなどアドベンチャーツアラー要素を高めている。

ポジションはよりリラックスしたライディングが可能なものに変更された
液晶メーターの表示内容はシンプルなもの
アナウンスはないがローシート(右)も用意されるようだ

タイヤは従来モデルと同じく前21インチ/後17インチで、ベースモデルのほかにABS仕様も用意。ABS仕様にはパニアケースやフォグランプを装備した「KLR650アドベンチャー」、トップケースを採用した「KLR650トラベラー」もラインアップ。導入国での発売は2021年夏となっている。

KLR650アドベンチャー
KLR650トラベラー

■KLR650主要諸元 [ ]内はKLR650アドベンチャー(ABS)

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:100.0×83.0mm 圧縮比:9.8 総排気量:652cc 最高出力:── 最大トルク:── 燃料タンク容量:23L 変速機:5段リターン

【寸法・重量】全長:2280 全幅:970 全高:1430[1420] ホイールベース:1540 シート高:870(各mm) 車両重量(※):207[221]kg タイヤサイズ:F90/90-21 R130/80-17  ※KLR650(ABS)は209kg、KLR650トラベラー(ABS)は214kg

問い合わせ先

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819
https://www.kawasaki-motors.com/mc/

おすすめ記事

最強モデルはどれだ!? 航続距離の長い90~125ccスクーターベスト10 【’80sバイク熱狂時代】今年もアツかった!! 今も変わらず人を惹き付ける「鈴鹿8耐」の熱狂は80年代から始まった 「砂漠に強いホンダが帰って来た!」 31年ぶり、ダカールラリー悲願の総合優勝達成
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP