ニューモデル

北米市場で新型インディアンFTRシリーズを発表

ポラリスは北米市場向けに、インディアンモーターサイクルの新型FTRを発表した。

2019年に発売されたFTR1200は、ダートトラックマシンのFTR750をルーツとしたスポーツモデル。今回リリースされたのはその2022年モデルで、スクランブラースタイルを採用するラリーを除き、新たに17インチホイールやメッツラー スポルテックタイヤを装着してよりストリート向けのハンドリングを実現、パフォーマンスも向上させている。また、小径タイヤ、120mmのトラベル量を持つ調整機能付き前後サスペンションによって、シート高は従来モデルから35mmダウンした。

2022年型FTR(ブラックスモーク)

120馬力/87フィートポンドの性能を持つ1203cc水冷Vツインエンジンは、アイドリング状態での熱をコントロールするためシリンダー休止機構を採用。フロント倒立サス、ブレンボ製ラジアルマウントデュアルブレーキ、クルーズコントロールなどは継続採用される。

2022年型FTR

ラインアップは、FTRベース、FTR S、FTR Rカーボン、FTRラリーの4タイプ。SにはブルートゥースまたはUSB接続が可能な4.3インチタッチスクリーンディスプレイやアクラポビッチサイレンサー、3つのライディングモード、ウイリーコントロール、スタビリティコントロール、コーナリングABSを搭載。また、急速充電USBポートも装備している。カラーはマルーンメタリックとホワイトスモークの2色を用意。

2022年型FTR S(マルーンメタリック)
2022年型FTR S(ホワイトスモーク)
Sにはシルバーのアクラポビッチサイレンサーを採用

最上級グレードとなるRカーボンは、Sの装備に加えてカーボン製のタンクカバーとフロントフェンダー、ヘッドライトナセルを装備。さらに、アジャスタブル・オーリンズ・ゴールドフロントフォークとゴールドピギーバックリヤショック、ブラックのアクラポビッチサイレンサー、プレミアムシートカバーも採用する。

2022年型FTR Rカーボン
カーボン製タンクカバーを採用
Rカーボンにはオーリンズ製サスが標準装備される

ラリーは、ワイヤースポークの前19インチ/後18インチホイールを採用し、ピレリのスコーピオンラリーSTRタイヤを装着。またハンドル高は他のモデルよりも2インチ高くアップライトなポジションとなる。

2022年型FTRラリー

なお、いずれのモデルも日本導入は未定だ。

問い合わせ先

ポラリスジャパン
https://www.indianmotorcycle.co.jp

おすすめ記事

ドゥカティジャパンが2021年モデルのラインアップと価格を発表 2018年のミラノショーで話題をさらったMVアグスタ「スーパーベローチェ」がついに上陸 古くてシンプルだと侮るなかれ! 最新バイクでは味わえない「キャブレター車」の楽しみ方
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP