ニューモデル

北米市場で新型インディアンFTRシリーズを発表

ポラリスは北米市場向けに、インディアンモーターサイクルの新型FTRを発表した。

2019年に発売されたFTR1200は、ダートトラックマシンのFTR750をルーツとしたスポーツモデル。今回リリースされたのはその2022年モデルで、スクランブラースタイルを採用するラリーを除き、新たに17インチホイールやメッツラー スポルテックタイヤを装着してよりストリート向けのハンドリングを実現、パフォーマンスも向上させている。また、小径タイヤ、120mmのトラベル量を持つ調整機能付き前後サスペンションによって、シート高は従来モデルから35mmダウンした。

2022年型FTR(ブラックスモーク)

120馬力/87フィートポンドの性能を持つ1203cc水冷Vツインエンジンは、アイドリング状態での熱をコントロールするためシリンダー休止機構を採用。フロント倒立サス、ブレンボ製ラジアルマウントデュアルブレーキ、クルーズコントロールなどは継続採用される。

2022年型FTR

ラインアップは、FTRベース、FTR S、FTR Rカーボン、FTRラリーの4タイプ。SにはブルートゥースまたはUSB接続が可能な4.3インチタッチスクリーンディスプレイやアクラポビッチサイレンサー、3つのライディングモード、ウイリーコントロール、スタビリティコントロール、コーナリングABSを搭載。また、急速充電USBポートも装備している。カラーはマルーンメタリックとホワイトスモークの2色を用意。

2022年型FTR S(マルーンメタリック)
2022年型FTR S(ホワイトスモーク)
Sにはシルバーのアクラポビッチサイレンサーを採用

最上級グレードとなるRカーボンは、Sの装備に加えてカーボン製のタンクカバーとフロントフェンダー、ヘッドライトナセルを装備。さらに、アジャスタブル・オーリンズ・ゴールドフロントフォークとゴールドピギーバックリヤショック、ブラックのアクラポビッチサイレンサー、プレミアムシートカバーも採用する。

2022年型FTR Rカーボン
カーボン製タンクカバーを採用
Rカーボンにはオーリンズ製サスが標準装備される

ラリーは、ワイヤースポークの前19インチ/後18インチホイールを採用し、ピレリのスコーピオンラリーSTRタイヤを装着。またハンドル高は他のモデルよりも2インチ高くアップライトなポジションとなる。

2022年型FTRラリー

なお、いずれのモデルも日本導入は未定だ。

問い合わせ先

ポラリスジャパン
https://www.indianmotorcycle.co.jp

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ヨシムラ SERT Motulが2021世界耐久選手権で参戦初年度にシリーズ優勝! 記念展示や記念グッズ販売も ハーレーダビッドソンの2023年型ブレイクアウト117試乗! 1923cc空冷Vツイン搭載でどう変わった? 1万7000回転の衝撃!! 大人気となった250cc4気筒レプリカマシン、ヤマハFZR250

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション