ニューモデル

ホンダ・CB650R/CBR650Rがカラーリングや外観デザインを変更して2021年1月28日に発売

排気量648ccの直列4気筒エンジンを搭載するミドルスポーツ、ホンダCB650R/CBR650Rのマイナーチェンジが行われ、2021年1月28日(木)より発売が開始される。

今回のマイナーチェンジでCB650R、CBR650Rともにシートかうるとリヤフェンダーをエッジの効いたデザインに変更。さらに躍動感あふれる外観となった。
さらにメーターの文字サイズを拡大し、バックライトの照射角度を変更することでライダーからの視認性を向上するなどの変更も加えられた。

またフロントフォークはSHOWA製のSFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)。フォーク単体での軽量化と、従来モデルに比べ優れた路面追従性を実現している。

そのほかにもハンドル切れ角の増加による取りまわし性向上(CB650Rのみ)や、純正アクセサリーにUSBソケット(USBはタイプCコネクター)を追加設定するなど、細部の熟成も行われている。

カラーリングはCB650Rがマットバリスティックブラックメタリック、キャンディークロモスフィアレッド、マットジーンズブルーメタリックの3色、CBR650Rがマットバリスティックブラックメタリックとグランプリレッドの2色展開となる。

CB650R(キャンディークロモスフィアレッド)
CB650R(マットバリスティックブラックメタリック)
CB650R(マットジーンズブルーメタリック)
CBR650R(グランプリレッド)
CBR650R(マットバリスティックブラックメタリック)

価格は以下のとおり。
CB650R:97万9000円
CBR650R:105万6000円(マットバリスティックブラックメタリック)
     :108万9000円(グランプリレッド)
※すべて税込み。

ホンダ・CB650R/CBR650R 主要諸元

※[]内はCBR650R

【エンジン・性能】
種類:水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列4気筒 総排気量:648cc 最高出力:70kW(95PS)/1万2000rpm 最大トルク:64Nm(6.5kgm)/8500rpm 燃料タンク容量:15L 変速機:常時噛合式6段リターン

【寸法・重量】
全長:2120 全幅:780[750] 全高:1075[1150] ホイールベース:1450 シート高:810(各mm) 車両重量:201[206]kg タイヤサイズ:F120/70ZR17M/C(58W)R180/55ZR17M/C(73W)

【燃料消費率】
定地燃費値:31.5km/L<2名乗車時>
WMTCモード値(クラス):21.3km/L(クラス3-2)<1名乗車時>

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

ポップなイラストが特徴の新グラフィック、SHOEI Z-8ミューラルを発売 【ハンドルまわり快適化計画】車種別専用設計で最適位置に付けられる! キジマ・マウントステー ゴールドウイン「gwマーヴェリック」期間限定ポップアップストアが名古屋、札幌で開催!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP