ニューモデル

KTMが250ccアドベンチャーモデル新型「250 アドベンチャー」を発表 2020年12月より発売

KTMジャパンは250ccクラスの新型アドベンチャーモデル「250アドベンチャー」を発表。2020年12月より発売を開始する。
価格は67万9000円(税込)。

KTM 250アドベンチャー(オレンジ)
KTM 250アドベンチャー(ブラック)

250アドベンチャーは、軽量かつ良好なハンドリングのボディに低回転からパンチの効いた出力特性を持つエンジンを搭載した、KTM初の250ccアドベンチャーモデル。

軽量なスチール製トレリスフレームに最高出力30馬力の水冷4ストロークDOHC単気筒エンジンを搭載。
燃料タンクは14.5リットルとなっており、ワンタンクで400km以上の航続距離を実現。車体重量は半乾燥で159kg、燃料満タン状態でも170kgと、同クラスのアドベンチャーモデルと比較しても非常に軽量。

軽量なトレリスフレームに30馬力を発揮する水冷単気筒エンジンを搭載。ホイールは高剛性かつ軽量なキャスト製。

そのほか機械式パワーアシストスリッパ—クラッチ、WP製APEX倒立フォーク、WP製APEXプリロード調整付きリヤショック、BOSCH製2チャンネルABSなど、各種装備も充実。サイドバッグなどのオプション品もリリースされる。

価格は税込67万9000円で、カラーリングはオレンジとブラックの2色。発売時期は2020年12月を予定している。

KTM 250アドベンチャー 主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷単気筒DOHC4バルブ 総排気量:248.8cc 最高出力:22kW(30PS)/9000rpm 最大トルク:24Nm/7250rpm 燃料タンク容量:14.5L 変速機:6速リターン

【寸法・重量】
ホイールベース:1430 シート高:855(各mm) 車両重量:159kg(燃料を除く) タイヤサイズ:F100/90-19 R130/80-17

【カラー】
オレンジ
ブラック

【価格】
67万9000円(税込)

問い合わせ

KTMジャパン
https://www.ktm.com/jp/

  1. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  2. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  3. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  4. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  5. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  6. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

映画「007」にトライアンフが登場! それを記念したスクランブラーの特別仕様車が発売決定 モトフィズのサイドバッグをテーブルとして使えるオプションテーブルが登場 【2020 RIDING GEAR AWORD】スマホホルダー部門:サイン・ハウスのマウントシステムは、高い強度と質感で”映える”NO.1
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP