ニューモデル

ホンダのクロスオーバーモデル、400Xが斬新なホワイトのボディカラーを採用

ホンダは、399cc並列2気筒エンジンを採用したクロスオーバーモデル、400Xのカラーリングを変更。7月31日に発売する。

400Xは、46馬力/3.9kgmを発揮する水冷4ストローク並列2気筒DOHCエンジンをダイヤモンドフレームに搭載。フロントホイールを先代モデルの17インチから19インチに大径化したことで安定感を高めたのが特徴だ。

20年モデルのカラーラインアップは、軽快なパールグレアホワイトと、フロントカウルからタンクシェルに赤いカモフラージュ柄を採用したマットバリスティックブラックメタリックの2色で、価格は82万6100円。なお、スペック等に変更はない。

●パールグレアホワイト


●マットバリスティックブラックメタリック

CONTACT

問い合わせ先ホンダお客様相談センター
電話番号0120-086819
URLhttps://www.honda.co.jp/motor/

 

おすすめ記事

【平成バイク大図鑑7】砂漠生まれの実力が旅を進化させた大型アドベンチャーモデルの台頭 CBR1000RR-R SP ホンダの起死回生 CBR1000RR-Rファイヤーブレードに見る本気度【エンジン編】 スズキ グラストラッカー用のシフトポジションインジケーターが登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP