ニューモデル

ベスパGTSスーパー150とスプリント150にレーシーなツートーン仕様が登場、イメージカラーのアパレルも同時にスタンバイ

ピアッジオグループジャパンは5月27日、GTSスーパー150とスプリント150にレーシーなボディカラーを採用した「Vespa Racing Sixties(ベスパ レーシング シックスティーズ)シリーズ」を設定。5月29日から販売を開始した。

GTSスーパー150レーシング シックスティーズ(カラー:グリーン)

スプリント150レーシング シックスティーズ(カラー:イノチェンツァホワイト)

アイドリングストップ機構付きの155cc i-get 水冷単気筒OHCエンジン(14.4馬力/1.4kgm)を搭載するGTSスーパー150は、丸形ヘッドライトやABS付きの前後ディスクブレーキ、4段階のスプリングプリロード調整機構付きツインショックアブソーバーを採用した、現代のスポーツモデル。
一方、154.8cc i-get 水冷単気筒OHCエンジン(12.9馬力/1.3kgm)を搭載するスプリント150は、歴代スポーツベスパに採用されている角形ヘッドライトを採用し、さらにABS付きフロントディスクブレーキや4段階のプリロード調整機構付きリヤモノショックアブソーバーを装備している。

この2台をベースに、1960年代のレーシングシーンをイメージさせるグリーン(緑×黄)とイノチェンツァホワイト(白×赤)のツートーンカラーを採用したのがレーシング シックスティーズ シリーズだ。

GTSスーパー150レーシング シックスティーズ(カラー:イノチェンツァホワイト)

スプリント150レーシング シックスティーズ(カラー:グリーン)

価格は、GTSスーパー150 レーシング シックスティーズが58万3000円、スプリント150 レーシング シックスティーズが51万7000円(いずれも税込み)。また、両カラーをイメージしたアパレルコレクションもベスパ正規販売店と公式オンラインストアで購入可能だ。

Racing Sixties フリース カラー:グリーン、ホワイト 価格:1万1550円

Racing Sixties Tシャツ カラー:グリーン、ホワイト 価格:5170円

CONTACT

問い合わせ先ピアッジオコール
電話番号03-3453-3903
URLhttps://vespa-japan.com

 

おすすめ記事

世界初公開「ホンダ CB-Fコンセプト」 モチーフはむしろスペンサーの#19 CB750Fレーサーか エクスペリアやアクオスに対応するUAの汎用ハードケースが上陸 北海道・十勝 ── とっておきの体験型観光 人気スポーツのYZF-R3/R25の2020年モデルはシルバー、ブルー、ブラックの3色展開 ワシ鼻? 行灯? デカドラム?? これを覚えればOK!な、古いスーパーカブのツボ用語 【’90s名車列伝】“ライダーを育てるバイク” ドゥカティ・900SS 唯一無二の魅力を探る(後編)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP