ニューモデル

映画「007」にトライアンフが登場! それを記念したスクランブラーの特別仕様車が発売決定

トライアンフモーターサイクルジャパンは、主人公のイギリス秘密諜報部の工作員、ジェームズ・ボンドが活躍するスパイ映画、「007」シリーズ初となるオフィシャルなジェームズ・ボンドモデル「スクランブラー1200ボンドエディション」を6月下旬に発売する。

トライアンフは2019年12月に製作会社のイーオン・プロダクションズと新たなパートナーシップ契約を締結したことを発表。シリーズ第25作で最新作となる「ノー・タイム・トゥ・ダイ」でダイナミックなアクションシーンにトライアンフ製バイクが使用されていることを明らかにした。


 
今回発売されるスクランブラー1200ボンドエディションは、スクランブラー1200シリーズの最上位モデルとなるXEをベースに、007のロゴが入った美しいエキゾーストナンバーボードとサイドパネルロアフィニッシャー、ロゴ刺繍入りの高級本革シート、Bond Edition専用スタートアップ画面を採用したTFTディスプレイ、劇中でボンドが駆るバイクをイメージした007専用ボディカラーを採用している。


このほかにも、ブラックアルマイト仕上げの前後マッドガードやグラブレール、エレガントなブラックフォーク、エンジンバッジのゴールドのアクセント、ブラックパウダーコートのスイングアームとスプロケットカバーなども装備。


また、ブラックアルマイト仕上げのシュラウド付きフォグランプやアロー製サイレンサーとカーボンファイバーエンドキャップ、削り出し加工のフロントブレーキリザーバー、ブラックのリヤホイールアジャスター、ステンレス製ヘッドライトグリルも備えている。

発売台数は全世界で250台、日本では20台限定。価格は259万円となっている。

スクランブラー1200ボンドエディション主要諸元
【エンジン・性能】 種類:水冷4ストローク並列2気筒OHC4バルブ ボア×ストローク:97.6mm×80mm 総排気量:1200cc 最高出力:66kW<90ps>/7400rpm 最大トルク:110Nm〈11.2kgm〉/3950rpm 燃料タンク容量:16L 変速機:6段リターン
【寸法・重量】全長:── 全幅:── 全高:── ホイールベース:── シート高:870(各mm) 重量:227kg タイヤサイズ:F90/90-21 R150/70R17

CONTACT

問い合わせ先 トライアンフコール
電話番号 03-6809-5233
URL https://www.triumphmotorcycles.jp
  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「カワサキZ50周年祭 ~明石から世界へ、Zの偉大なる足跡と未来~」のイベントが11月19日12:00開始。「ライブ配信」あり! スズキ グラストラッカー用のシフトポジションインジケーターが登場 【カタナヒストリー】カタナはなぜ「名車」に成り得たのか。初代GSX1100Sから最新型KATANAまでを振り返る

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション