ニューモデル

映画「007」にトライアンフが登場! それを記念したスクランブラーの特別仕様車が発売決定

トライアンフモーターサイクルジャパンは、主人公のイギリス秘密諜報部の工作員、ジェームズ・ボンドが活躍するスパイ映画、「007」シリーズ初となるオフィシャルなジェームズ・ボンドモデル「スクランブラー1200ボンドエディション」を6月下旬に発売する。

トライアンフは2019年12月に製作会社のイーオン・プロダクションズと新たなパートナーシップ契約を締結したことを発表。シリーズ第25作で最新作となる「ノー・タイム・トゥ・ダイ」でダイナミックなアクションシーンにトライアンフ製バイクが使用されていることを明らかにした。


 
今回発売されるスクランブラー1200ボンドエディションは、スクランブラー1200シリーズの最上位モデルとなるXEをベースに、007のロゴが入った美しいエキゾーストナンバーボードとサイドパネルロアフィニッシャー、ロゴ刺繍入りの高級本革シート、Bond Edition専用スタートアップ画面を採用したTFTディスプレイ、劇中でボンドが駆るバイクをイメージした007専用ボディカラーを採用している。


このほかにも、ブラックアルマイト仕上げの前後マッドガードやグラブレール、エレガントなブラックフォーク、エンジンバッジのゴールドのアクセント、ブラックパウダーコートのスイングアームとスプロケットカバーなども装備。


また、ブラックアルマイト仕上げのシュラウド付きフォグランプやアロー製サイレンサーとカーボンファイバーエンドキャップ、削り出し加工のフロントブレーキリザーバー、ブラックのリヤホイールアジャスター、ステンレス製ヘッドライトグリルも備えている。

発売台数は全世界で250台、日本では20台限定。価格は259万円となっている。

スクランブラー1200ボンドエディション主要諸元
【エンジン・性能】 種類:水冷4ストローク並列2気筒OHC4バルブ ボア×ストローク:97.6mm×80mm 総排気量:1200cc 最高出力:66kW<90ps>/7400rpm 最大トルク:110Nm〈11.2kgm〉/3950rpm 燃料タンク容量:16L 変速機:6段リターン
【寸法・重量】全長:── 全幅:── 全高:── ホイールベース:── シート高:870(各mm) 重量:227kg タイヤサイズ:F90/90-21 R150/70R17

CONTACT

問い合わせ先トライアンフコール
電話番号03-6809-5233
URLhttps://www.triumphmotorcycles.jp

おすすめ記事

【NEW ITEM】VFR750R(RC30)用 テルミニョーニ社製フルエキゾーストマフラー ホンダ リード125がカラーバリエーションを変更 歴史を彩った名車シリーズ BMW R100RS 知るとバイクがもっと楽しくなる!? チェーン/シャフト/ベルト、駆動方式の美点と欠点とは? 【NEW ITEM】万が一のときの強い味方になる、バイクファーストのドライブレコーダー ホンダの起死回生 CBR1000RR-Rファイヤーブレードに見る本気度【車体編】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. XR750 ハーレー
  1. XR750 ハーレー
  2. ジクサーSF250
PAGE TOP