ニューモデル

MVアグスタジャパンが新生イタルジェット・ドラッグスターの販売をスタート!

MVアグスタジャパンは、イタリアンスポーツスクーター、イタルジェットのドラッグスター125/200の予約・販売を開始した。

ドラッグスター125/200は、2018年秋のミラノショーで発表されたイタルジェット ドラッグスターコンセプトの市販モデル。ユーロ4に対応する125ccと200ccの水冷4ストローク単気筒DOHCエンジンをアルミプレートを備えたトレリスフレームに搭載し、フロントサスには個性的なI.S.S.(インディペンデント・ステアリング・システム)を採用。

このI.S.S.はステアリングアクションとサスペンションアクションが分離されているため、不快な振動がハンドルに伝わらないのが特徴だ。また、I.S.S.アクションと油圧式シングルショックアブソーバーの組み合わせにより車両のフロントエンドに最適なブレーキが掛かるため、ノーズダイブも最小限に抑えられるという。なお、前後サスペンションともスプリングプリロード調整が可能。ブレーキは125がコンビブレーキ、200がABSを備えており、ブレーキキャリパーはブレンボ製となる。

生産開始は6月で、特別なシリアルナンバープレートが与えられるファーストエディションモデルの生産台数は499台。価格は、ドラッグスター125が63万8000円、ドラッグスター200が69万8500円。カラーはマットブラック×レッド×ホワイト、マットブラック×イエロー、そしてファーストエディション限定カラーのマットブラック×ブロンズの3つのカラーが用意される。

マットブラック×レッド×ホワイト

マットブラック×イエロー

マットブラック×ブロンズ(ファーストエディション限定カラー)

ドラッグスター200主要諸元 [ ]内は125
【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒DOHC ボア×ストローク:63×58[58×47]mm 総排気量:200[125]cc 最高出力:14.6kW<19.8ps>/8250rpm [11.0kW<14.9ps>/10000rpm] 最大トルク:17.0Nm<1.7kgm>/6250rpm[12.5Nm<1.27kgm>/7750rpm] 燃料タンク容量:7L 変速機:無段変速
【寸法・重量】全長:1870 全幅:680 全高:── ホイールベース:1345 シート高:770(各mm) 車両重量:112kg [108]kg(乾燥重量) タイヤサイズ:F120/70-12 R140/60-13

CONTACT

問い合わせ先 MV AGUSTA JAPAN
URL https://italjet.jp

 

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

カメラマン柴田のGB350日記#13 「タイヤ交換とヒラヒラ峠道とスポーツスター883体験」 450ccエンジン+モーター「カワサキ Z7ハイブリッド」は184万8000円で6月15日発売、Ninjaと同価格だ! KTMが新成人に向けたプレゼント企画を実施

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション