ニューモデル

ハスクバーナのスクランブラー「スヴァルトピレン」に250ccモデルが登場

ハスクバーナ・モーターサイクルズジャパンは、スクランブラーモデルのスヴァルトピレンに248.8cc単気筒エンジンを搭載した新機種、スヴァルトピレン250を4月に発売する。

31馬力/2.4kgmを発揮するこの水冷単気筒DOHC4バルブエンジンはバランサーシャフトを備えており、パンチの効いたトルクと滑らかな回転フィーリングさを併せ持つ。

WP製APEXサスペンション、ボッシュ製ABSが備わる前4ピストン/後シングルピストンのByBre製油圧ブレーキキャリパー、前320mm/後230mmブレーキディスク、LEDヘッドライト&テールランプなど基本スペックは373cc単気筒エンジンを積むスヴァルトピレン401とほぼ同じ。
デザインもほぼスヴァルトピレン401と同様だが、トレリスフレームがクロモリ鋼製からスチール製になることと、ホイールが17インチキャストタイプとなる点が大きく異なり、重量はスヴァルトピレン250の方が1kg重くなっている。なお、タイヤサイズはスヴァルトピレン401と同一だが、ややオンロード寄りのパターンを採用している。

価格は59万9000円(税込み)と、スヴァルトピレン401よりも9万6000円安い(生産国はスヴァルトピレン401と同じくインドとなる)。極めて個性的なデザインで注目を集めたスヴァルトピレンを、より手軽に楽しめる1台と言えるだろう。

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:72.0×61.1mm 総排気量:248.8㎤ 最高出力:23kW〈31ps〉/9000rpm 最大トルク:24Nm〈2.4kgm〉/7250rpm 燃料タンク容量:9.5L 変速機:6段リターン
【寸法・重量】全長:── 全幅:── 全高:── ホイールベース:1357±15.5 シート高:835(各㎜) 車両重量:153kg タイヤサイズ:Ⓕ110/70R17 Ⓡ150/60R17

CONTACT

URLhttps://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/

問い合わせ先ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン

 

おすすめ記事

映画『トップガン』新作にも出演!! 今さら聞けないニンジャ「GPZ900R」とはどんなバイクだったのか? 【始まりのA1編】 利用特典も見逃せない!! ダイネーゼのレンタルスーツに新たに女性用が追加 Z1000(J)とはどんなマシンか? ’70〜80年代Zシリーズとの比較で魅力を探る(Z1編) K&HがXSR900用シートにローシートを追加 生産終了となるセローの代わりになるか!? 【オフロードバイク・カワサキKLX230試乗】 土の上を走ろう! ホンダドリーム関東 オフロード運動会
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. XR750 ハーレー
  1. XR750 ハーレー
  2. ジクサーSF250
PAGE TOP