ニューモデル

ハスクバーナのスクランブラー「スヴァルトピレン」に250ccモデルが登場

ハスクバーナ・モーターサイクルズジャパンは、スクランブラーモデルのスヴァルトピレンに248.8cc単気筒エンジンを搭載した新機種、スヴァルトピレン250を4月に発売する。

31馬力/2.4kgmを発揮するこの水冷単気筒DOHC4バルブエンジンはバランサーシャフトを備えており、パンチの効いたトルクと滑らかな回転フィーリングさを併せ持つ。

WP製APEXサスペンション、ボッシュ製ABSが備わる前4ピストン/後シングルピストンのByBre製油圧ブレーキキャリパー、前320mm/後230mmブレーキディスク、LEDヘッドライト&テールランプなど基本スペックは373cc単気筒エンジンを積むスヴァルトピレン401とほぼ同じ。
デザインもほぼスヴァルトピレン401と同様だが、トレリスフレームがクロモリ鋼製からスチール製になることと、ホイールが17インチキャストタイプとなる点が大きく異なり、重量はスヴァルトピレン250の方が1kg重くなっている。なお、タイヤサイズはスヴァルトピレン401と同一だが、ややオンロード寄りのパターンを採用している。

価格は59万9000円(税込み)と、スヴァルトピレン401よりも9万6000円安い(生産国はスヴァルトピレン401と同じくインドとなる)。極めて個性的なデザインで注目を集めたスヴァルトピレンを、より手軽に楽しめる1台と言えるだろう。

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:72.0×61.1mm 総排気量:248.8㎤ 最高出力:23kW〈31ps〉/9000rpm 最大トルク:24Nm〈2.4kgm〉/7250rpm 燃料タンク容量:9.5L 変速機:6段リターン
【寸法・重量】全長:── 全幅:── 全高:── ホイールベース:1357±15.5 シート高:835(各㎜) 車両重量:153kg タイヤサイズ:Ⓕ110/70R17 Ⓡ150/60R17

CONTACT

URLhttps://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/

問い合わせ先ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン

 

おすすめ記事

【NEWS】タナックスのイベント「第1回タナフェス WEST in ZERO-BASE」が開催を延期 【バイク熱狂時代は永遠に:1】1980年代を駆け抜けた“彗星” 大垂水峠のヒーローは今なお激速 【NEW MODEL IMPRESSION】KTM 790 ADVENTURE/R その違いは何か? “護る”最新アイテム「DAINESE GPS内蔵エアバッグモデル」 【NEWS】KADOYAのレザーが安くなる!? サマーバーゲンが今年も開催 バイク王がインスタグラム公式アカウント開設記念のフォトコンを実施
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP