ニューモデル

ブルターレ800RRとドラッグスター800RRに自動クラッチモデルを設定

MVアグスタジャパンは、ブルターレ800RRとドラッグスター800RRの2020年モデルに、スマートクラッチシステムを搭載したSCSシリーズを設定した。

ブルターレ800RR SCS

このシステムは、MVアグスタとリクスル社の共同開発した電子アシストギアシフト。既にツーリズモベローチェ800ルッソSCSやツーリズモベローチェ800RC SCSに搭載されおり、クイックシフターの機能に加えて停止すると自動的にクラッチを切断してくれるため、停止直前や発進時にクラッチ操作をする必要が無いのが特徴。さらに、低速時でもクラッチレバーを使う必要が無く、滑らかに走らせることができる。なお、クラッチを使った変速も可能だ。

電子アシストギアシステム搭載車でもペダルやクラッチレバーなどのポジションに変更はない

両モデルとも搭載されるエンジンは、140馬力/8.87kgmを発揮する789cc並列3気筒DOHC。ECUトルク制御アルゴリズムなどにより、通常のクラッチモデルよりも力強い加速や優れたレスポンス、滑らかな走り出し、乗り心地の向上が図られている。また、従来タイプとの重量差は僅か36gと、このシステムの搭載により走行性能に影響を与えないのも特筆すべき点だ。

価格はブルターレ800RR SCSが225万5000円、ドラッグスター800RR SCSが257万4000円でいずれも20年5月発売予定。ベースとなったブルターレ800RRは212万3000円、ドラッグスター800RRは244万2000円で20年1月発売予定となっている。

●ドラッグスター800RR SCS

【ブルターレ800RR SCS エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列3気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:79.0×54.3mm 総排気量:798㎤ 最高出力:103kW〈140ps〉/12300rpm 最大トルク:87Nm〈8.87kgm〉/10100rpm 燃料タンク容量:16.5L 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:2045[2035] 全幅:875[935] 全高:── ホイールベース:1400 シート高:830[845](各㎜) 車両重量:175[168]kg(乾燥) タイヤサイズ:Ⓕ120/70-17 Ⓡ180/55-17[200/55-17] [ ]内はドラッグスター800RR SCS

NOTE

MV AGUSTA JAPAN
https://www.mv-agusta.jp/

おすすめ記事

シングルレイヤーでも高い安全性を確保! オックスフォード・アーマライトジーンズ 【おとなの信州探訪】おいしくてハズレなし! こだわりの“おいしいお肉”に出会う長野旅 K&HからヤマハSR400用カスタムシート4種が登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. トライデント660 トライアンフ
  1. トライデント660 トライアンフ
PAGE TOP