ニューモデル

台湾のバイクメーカー・SYMが日本に再上陸 サイン・ハウスが2019年12月より車両取り扱い開始

ランブレッタスクーターやファンティック製バイクを輸入・販売するサイン・ハウスは12月6日、新たにSYM(エス・ワイ・エム)車両の取扱を開始した。

SYMは台湾の車両メーカー・三陽工業の二輪ブランドで、スクーターやマニュアルトランスミッションのバイクを製造・販売している。過去には日本にも輸入されていたが、SYMの車両は17年以降は導入されていなかった。

サイン・ハウスは2019年5月からSYMの日本総輸入代理店として過去に販売された車両への部品供給、アフターサービスなどを引き継いでおり、12月からついに車両の取扱を開始する。販売されるのは50ccスクーターのオービットスリー50と125cスクーターのオービットスリー125の2機種。価格はMASK50が16万5000円、MASK125iが22万5500円(税込み)と、国産スクーターと比較しても手に入れやすい設定となっている。

■オービットスリー125主要諸元 [ ]内はオービットスリー50
【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒4バルブ 総排気量:124.6[49.5]㎤ 最高出力:── 最大トルク:── 燃料タンク容量:5.7L 変速機:無段変速
【寸法・重量】全長:1915 全幅:680 全高:1125 ホイールベース:1290 シート高:──(各㎜) 車両重量:120[110]kg タイヤサイズ:Ⓕ110/70-12 Ⓡ120/70-12

CONTACT

電話番号03-3721-1770

問い合わせ先サイン・ハウス車両事業部
URLhttps://sygnhouse.jp

 

関連記事

  1. ホンダの起死回生 CBR1000RR-Rファイヤーブレードに見る…
  2. 35年の歴史に幕 ヤマハ・セローの国内生産・販売が2020年で終…
  3. 人気スポーツのYZF-R3/R25の2020年モデルはシルバー、…
  4. トライアンフ ストリートトリプルの本命、R Lowの今春デビュー…
  5. 復活の250cc四気筒! カワサキ・Ninja ZX-25Rの詳…
  6. ランブレッタがコンセプトモデル「G325スペシャル」を発表
  7. ベスパ プリマベーラにオレンジ色の特別仕様車が登場
  8. 【NEW MODEL】マットモーターサイクルズからニューモデル4…

おすすめ記事

【遙かなるグランプリへ1】無謀と言われた挑戦 ホンダがマン島TTを制するまで(前編) ミラノショーで全面改良されたVストローム1050を発表 CEレベル2をクリアしたコミネのニープロテクター 匿名係長 第1回 BMW R1200GS(空冷最終型)の巻 劇中に登場する仕様のスーパーカブに跨がれる!?「天気の子」展が松屋銀座で開催!! 【バイク熱狂時代は永遠に:1】1980年代を駆け抜けた“彗星” 大垂水峠のヒーローは今なお激速
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP