ニューモデル

台湾のバイクメーカー・SYMが日本に再上陸 サイン・ハウスが2019年12月より車両取り扱い開始

ランブレッタスクーターやファンティック製バイクを輸入・販売するサイン・ハウスは12月6日、新たにSYM(エス・ワイ・エム)車両の取扱を開始した。

SYMは台湾の車両メーカー・三陽工業の二輪ブランドで、スクーターやマニュアルトランスミッションのバイクを製造・販売している。過去には日本にも輸入されていたが、SYMの車両は17年以降は導入されていなかった。

サイン・ハウスは2019年5月からSYMの日本総輸入代理店として過去に販売された車両への部品供給、アフターサービスなどを引き継いでおり、12月からついに車両の取扱を開始する。販売されるのは50ccスクーターのオービットスリー50と125cスクーターのオービットスリー125の2機種。価格はMASK50が16万5000円、MASK125iが22万5500円(税込み)と、国産スクーターと比較しても手に入れやすい設定となっている。

■オービットスリー125主要諸元 [ ]内はオービットスリー50
【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒4バルブ 総排気量:124.6[49.5]㎤ 最高出力:── 最大トルク:── 燃料タンク容量:5.7L 変速機:無段変速
【寸法・重量】全長:1915 全幅:680 全高:1125 ホイールベース:1290 シート高:──(各㎜) 車両重量:120[110]kg タイヤサイズ:Ⓕ110/70-12 Ⓡ120/70-12

CONTACT

電話番号03-3721-1770

問い合わせ先 サイン・ハウス車両事業部
URL https://sygnhouse.jp

 

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

「公安委員会遵守事項違反」というナゾの違反、何をすると該当するのか? スーパーカブ110 スーパーカブC125 新エンジン搭載の新型スーパーカブ110を実車で分析! タイヤはIRC製、キャストホイールはC125と「同じではない」 『大脱走』のスタントマン、バド・イーキンズ氏をリスペクトしたボンネビルが発売に
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP