ニューモデル

台湾のバイクメーカー・SYMが日本に再上陸 サイン・ハウスが2019年12月より車両取り扱い開始

ランブレッタスクーターやファンティック製バイクを輸入・販売するサイン・ハウスは12月6日、新たにSYM(エス・ワイ・エム)車両の取扱を開始した。

SYMは台湾の車両メーカー・三陽工業の二輪ブランドで、スクーターやマニュアルトランスミッションのバイクを製造・販売している。過去には日本にも輸入されていたが、SYMの車両は17年以降は導入されていなかった。

サイン・ハウスは2019年5月からSYMの日本総輸入代理店として過去に販売された車両への部品供給、アフターサービスなどを引き継いでおり、12月からついに車両の取扱を開始する。販売されるのは50ccスクーターのオービットスリー50と125cスクーターのオービットスリー125の2機種。価格はMASK50が16万5000円、MASK125iが22万5500円(税込み)と、国産スクーターと比較しても手に入れやすい設定となっている。

■オービットスリー125主要諸元 [ ]内はオービットスリー50
【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒4バルブ 総排気量:124.6[49.5]㎤ 最高出力:── 最大トルク:── 燃料タンク容量:5.7L 変速機:無段変速
【寸法・重量】全長:1915 全幅:680 全高:1125 ホイールベース:1290 シート高:──(各㎜) 車両重量:120[110]kg タイヤサイズ:Ⓕ110/70-12 Ⓡ120/70-12

CONTACT

電話番号03-3721-1770

問い合わせ先サイン・ハウス車両事業部
URLhttps://sygnhouse.jp

 

おすすめ記事

【釣りツーリングに行こう!】5釣目:勝浦でタンタンメンを食し、興津東港でアジを狙う 【NEW ITEMS】プロテックからカブ系共通シフトポジションインジケーター発売!! 匿名係長 第2回 ホンダNC700シリーズの巻
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP