ニューモデル

ファンティックがミラノショーで新型オフロードモデルを発表

イタリアのファンティックは、ミラノショー(EICMA2019)で新型オフロードモデル3機種を参考出品した。

ショー会場で発表されたのは、水冷2ストロークエンジンを搭載するモトクロッサーのXX125とXX250、そしてユーロ5をクリアし公道走行も可能なXE125だ。これまでのエンデューロシリーズとは異なるレースモデルで、2020年1月から同社は、モトクロスのイタリア選手権とヨーロッパ選手権、そしてエンデューロ世界選手権にファクトリー参戦する。

●XX125

これら新型オフロードモデルは、同社とヤマハ・モーター・ヨーロッパの協業により誕生。ヤマハが開発したエンジンやシャシーコンポーネンツの多くがファンティックに供給されており、同社独自のチューニングによりシャシーを熟成させ、全く異なる味付けのモデルになっているという。

●XE125

まずはレースでデビューするXX125とXE125は、21年モデルとして20年夏頃の市場投入を予定。なお、2ストローク250ccのエンデューロマシンや4ストローク250ccマシンの開発、その他のエンジン供給についても示唆されている。

CONTACT

問い合わせ先サイン・ハウス車両事業部
電話番号03-3721-1770
URLhttps://caballero.jp

おすすめ記事

大型連休にいってみたいツーリングルート!志賀草津道路編(前編) なにを鳴らしてみる? 置いたものをスピーカーに変えるアイテムが登場! 【訪問レポート】ゆっくりくつろげる場所に大変身 全面リニューアルしたホンダウエルカムプラザ青山に行ってみた!!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. NC750X 2021
  1. NC750X 2021
  2. トライデント660 トライアンフ
PAGE TOP