ニューモデル

ファンティックがミラノショーで新型オフロードモデルを発表

イタリアのファンティックは、ミラノショー(EICMA2019)で新型オフロードモデル3機種を参考出品した。

ショー会場で発表されたのは、水冷2ストロークエンジンを搭載するモトクロッサーのXX125とXX250、そしてユーロ5をクリアし公道走行も可能なXE125だ。これまでのエンデューロシリーズとは異なるレースモデルで、2020年1月から同社は、モトクロスのイタリア選手権とヨーロッパ選手権、そしてエンデューロ世界選手権にファクトリー参戦する。

●XX125

これら新型オフロードモデルは、同社とヤマハ・モーター・ヨーロッパの協業により誕生。ヤマハが開発したエンジンやシャシーコンポーネンツの多くがファンティックに供給されており、同社独自のチューニングによりシャシーを熟成させ、全く異なる味付けのモデルになっているという。

●XE125

まずはレースでデビューするXX125とXE125は、21年モデルとして20年夏頃の市場投入を予定。なお、2ストローク250ccのエンデューロマシンや4ストローク250ccマシンの開発、その他のエンジン供給についても示唆されている。

CONTACT

問い合わせ先サイン・ハウス車両事業部
電話番号03-3721-1770
URLhttps://caballero.jp

関連記事

  1. ベスパ プリマベーラにオレンジ色の特別仕様車が登場
  2. 【NEW MODEL】マットモーターサイクルズからニューモデル4…
  3. KTMジャパンがフリーライド250Fの2020年モデルを発表
  4. ニンジャZX-6Rの2020年モデルを11月15日に発売
  5. プジョー ジャンゴアリュールに150ccモデルを追加
  6. 最新電動スクーターってどんな乗り味? XEAM  REET S/…
  7. ヤマハYZF-R6レースベース車の予約受け付けを開始
  8. 701シリーズはスポークホイールを採用! ヴィットピレンとスヴァ…

おすすめ記事

【ワインディングニッポン】磐梯吾妻スカイライン(福島県) 【NEWS】カワサキZの登竜門 Z250/400スペシャルクレジットキャンペーン実施 新型PCXを初代ユーザーが見たら購入するのか!? (前編) 【2019信州バイク旅】季節ごとの表情豊か 北信エリアのリピーターになる レーサー自らが作った究極のレーサーレプリカ──「ゴディエジュヌー・パフォーマンスレプリカ1135R」(試乗編) 【NEW MODEL】SUZUKI GSX-S1000 ABS/GSX-S1000F ABS テクニクスがサスペンションモディファイの試乗会を開催 連綿と受け継がれてきたホンダ“空冷CBマシン”ヒストリー ボンネビルにバド・イーキンズを称えた特別モデルが登場 ゴディエジュヌー1135R 「ゴディエジュヌー・パフォーマンスレプリカ1135R」を世界耐久チャンピオンマシンと比較する
BIKE王

ピックアップ記事

  1. ニンジャGPZ900R A2
PAGE TOP