ニューモデル

ファンティックがミラノショーで新型オフロードモデルを発表

イタリアのファンティックは、ミラノショー(EICMA2019)で新型オフロードモデル3機種を参考出品した。

ショー会場で発表されたのは、水冷2ストロークエンジンを搭載するモトクロッサーのXX125とXX250、そしてユーロ5をクリアし公道走行も可能なXE125だ。これまでのエンデューロシリーズとは異なるレースモデルで、2020年1月から同社は、モトクロスのイタリア選手権とヨーロッパ選手権、そしてエンデューロ世界選手権にファクトリー参戦する。

●XX125

これら新型オフロードモデルは、同社とヤマハ・モーター・ヨーロッパの協業により誕生。ヤマハが開発したエンジンやシャシーコンポーネンツの多くがファンティックに供給されており、同社独自のチューニングによりシャシーを熟成させ、全く異なる味付けのモデルになっているという。

●XE125

まずはレースでデビューするXX125とXE125は、21年モデルとして20年夏頃の市場投入を予定。なお、2ストローク250ccのエンデューロマシンや4ストローク250ccマシンの開発、その他のエンジン供給についても示唆されている。

CONTACT

問い合わせ先サイン・ハウス車両事業部
電話番号03-3721-1770
URLhttps://caballero.jp

関連記事

  1. 軽量コンパクトなベスパLX125 i-getの装備を充実
  2. 【NEW MODEL】マットモーターサイクルズからニューモデル4…
  3. KTMジャパンがフリーライド250Fの2020年モデルを発表
  4. スマホ連携機能搭載&デザイン刷新! カワサキZ650の2020年…
  5. ライバルはゴールドウイング? インディアンがスポーティな新型クル…
  6. 「スズキVストローム1050XT」8つのサポート機能でより快適・…
  7. 125ccマニュアルミッションのファンバイク、カワサキZ125プ…
  8. 往年の名車「650-W1」の雰囲気を感じる、新しくなった「W80…

おすすめ記事

フルモデルチェンジを果たした ドゥカティ・ディアベルが国内登場! 【NEW MODEL】ホンダ・X-ADVがカラーリング変更& ETC2.0を装備して発売! 車種を選ばず何にでも似合うカッコよさ! この冬着たいFLAGSHIPのパーカースタイルジャケット 世界的人気車のホンダCB750Four でも中古車市場で最初期モデルは敬遠されていたってホント? 【NEW ITEM】VFR750R(RC30)用 テルミニョーニ社製フルエキゾーストマフラー 匿名係長 第2回 ホンダNC700シリーズの巻
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP