ニューモデル

701シリーズはスポークホイールを採用! ヴィットピレンとスヴァルトピレンの2020年モデルを発表

ハスクバーナ・モーターサイクルズはミラノショー(EICMA2019)でカフェレーサーのヴィットピレンとスクランブラーのスヴァルトピレンの2020年モデルを発表した。

●ヴィットピレン701

●スヴァルトピレン701

693cc水冷単気筒エンジンを積むヴィットピレン701とスヴァルトピレン701の2020年モデルはスポークホイールを新たに採用。
またヴィットピレンはブルー×ホワイト、スヴァルトピレンはブラウン×ブラックの新たなカラーリングとなった。
一方、373cc水冷単気筒エンジンを搭載するヴィットピレン401とスヴァルトピレン401は、ニューカラーの採用に加えてサブフレームを40mm延長しリヤシートの快適性をアップさせている。

●スヴァルトピレン401

●ヴィットピレン401

日本への導入時期等は未定だが、ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンのウェブサイトでは2020年モデルが既に公開されている。

CONTACT

URLhttps://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/

問い合わせ先ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン

 

おすすめ記事

【ダンロップ・ロードスマート4をテスト】疲労度を研究した「長旅に効く」タイヤがさらに進化! ゆるキャン△ファン必見! なでしこ&りんちゃん柄ネクタイとリンちゃんのヘルメットピンズが予約受付中! 意外な有名企業もバイクを作っていた! 時代に負けたバイクメーカー3選
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP