ニューモデル

701シリーズはスポークホイールを採用! ヴィットピレンとスヴァルトピレンの2020年モデルを発表

ハスクバーナ・モーターサイクルズはミラノショー(EICMA2019)でカフェレーサーのヴィットピレンとスクランブラーのスヴァルトピレンの2020年モデルを発表した。

●ヴィットピレン701

●スヴァルトピレン701

693cc水冷単気筒エンジンを積むヴィットピレン701とスヴァルトピレン701の2020年モデルはスポークホイールを新たに採用。
またヴィットピレンはブルー×ホワイト、スヴァルトピレンはブラウン×ブラックの新たなカラーリングとなった。
一方、373cc水冷単気筒エンジンを搭載するヴィットピレン401とスヴァルトピレン401は、ニューカラーの採用に加えてサブフレームを40mm延長しリヤシートの快適性をアップさせている。

●スヴァルトピレン401

●ヴィットピレン401

日本への導入時期等は未定だが、ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンのウェブサイトでは2020年モデルが既に公開されている。

CONTACT

URLhttps://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/

問い合わせ先ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン

 

おすすめ記事

【開催日変更】タナックスの初イベント「第1回タナフェス in WEST」が開催決定!! ハスクバーナ・モーターサイクルズ越谷が12月9日にオープン! 【NEW ITEMS】SHOEI X-Fourteen MARQUEZ MOTEGI3(マルケスモテギ 3) ホンダの起死回生 CBR1000RR-Rファイヤーブレードに見る本気度【車体編】 量産車最大排気量となるトライアンフ ロケット3Rの価格と発売日が決定 【NEW MODEL】SUZUKI GSX-S750 ABS
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ストリートトリプルS トライアンフ
  1. ストリートトリプルS トライアンフ
PAGE TOP