ニューモデル

701シリーズはスポークホイールを採用! ヴィットピレンとスヴァルトピレンの2020年モデルを発表

ハスクバーナ・モーターサイクルズはミラノショー(EICMA2019)でカフェレーサーのヴィットピレンとスクランブラーのスヴァルトピレンの2020年モデルを発表した。

●ヴィットピレン701

●スヴァルトピレン701

693cc水冷単気筒エンジンを積むヴィットピレン701とスヴァルトピレン701の2020年モデルはスポークホイールを新たに採用。
またヴィットピレンはブルー×ホワイト、スヴァルトピレンはブラウン×ブラックの新たなカラーリングとなった。
一方、373cc水冷単気筒エンジンを搭載するヴィットピレン401とスヴァルトピレン401は、ニューカラーの採用に加えてサブフレームを40mm延長しリヤシートの快適性をアップさせている。

●スヴァルトピレン401

●ヴィットピレン401

日本への導入時期等は未定だが、ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンのウェブサイトでは2020年モデルが既に公開されている。

CONTACT

URLhttps://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/

問い合わせ先ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン

 

関連記事

  1. ランブレッタがコンセプトモデル「G325スペシャル」を発表
  2. ミラノショーで全面改良されたVストローム1050を発表
  3. KTMジャパンがフリーライド250Fの2020年モデルを発表
  4. ベスパ プリマベーラにオレンジ色の特別仕様車が登場
  5. 「Sugomi」どころじゃない!? Zシリーズのフラッグシップ「…
  6. エンジンを大幅に改良した新型ストリートトリプルRSがデビュー
  7. KTMが新型ミドルネイキッドの890デュークRを発表
  8. まるでスクーター版コンパクトSUV! ホンダADV150が202…

おすすめ記事

Z1000(J)とはどんなマシンか? ’70〜80年代Zシリーズとの比較で魅力を探る(GPz編) 【NEWS】ダイネーゼがレザーアイテムの クリーニングサービスを開始 ゴディエジュヌー1135R 「ゴディエジュヌー・パフォーマンスレプリカ1135R」を世界耐久チャンピオンマシンと比較する 35年の歴史に幕 ヤマハ・セローの国内生産・販売が2020年で終了 【東京オートサロン2019】会場の可憐なる華、コンパニオン特集! その3 【おすすめ一泊旅】悠々と駆け巡る房総半島横断ツアー その3
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP