ニューモデル

ハスクバーナがミドルアドベンチャーのコンセプトモデル「ノーデン901」を発表

ハスクバーナ・モーターサイクルズはミラノショー(EICMA2019)でミドルアドベンチャーのコンセプトモデル、NORDEN901コンセプトを発表した。

このモデルは同社のアドベンチャーツーリングバイクの考え方を示したもの。長年のラリーの経験を元にした並列2気筒モデルである。このLC8c型エンジンの排気量は889.5ccなので、KTMの890デュークと同じユニットだと思われる。

クラスをリードする軽さを優れたパワーデリバリーを持ち、オフロード及びオンロードでの高いパフォーマンスを備えているが、タイヤはフロントが21インチ、リヤが18インチなのでオフロード走行を重視したもののようだ。

サスペンションはWP製で、快適性を追求したエルゴノミクスと信頼性のあるファンなハンドリングを実現。メーターは比較的小ぶりな液晶タイプだが、上部にはスマートフォンを取り付けられるようになっているようだ。

ロングツーリングを想定したようなバッグ類を搭載していたのもポイント。オン・オフ問わずどこまでも走り続けられる、アドベンチャーバイクらしさあふれるモデルだと言える。市販化されるのだ楽しみだ。

CONTACT

問い合わせ先ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン
URLhttps://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/

おすすめ記事

2019年ホンダMotoGP、エンジニアが語った勝利のカギは「絶え間ないパワー向上」だった 【NEW MODEL】KAWASAKI Z900 【メグロ戦前ヒストリア】大正時代の「和製ハーレー開発計画」から生まれた国産大型車の名門・目黒製作所
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. CB500Four
PAGE TOP