ニューモデル

2020年発売予定! ニンジャ1000後継「SX」はここが変わった!【カワサキ・ニンジャ1000SX解説】

「スーパースポーツ+ツアラー」というコンセプトが支持されてきたカワサキのニンジャ1000の新型がヨーロッパで発表された。車名も新しく「ニンジャ1000SX」となり、日本でも2020年夏にカワサキモータースジャパンから発売予定となっている。
外観デザインはニンジャ1000からほぼキープコンセプトと言えるが、ツーリング性能を高めるため、「中身」は大幅にアップデートされている。ここでは、その改良点を紹介していこう。

 

デザイン:灯火類をLED化、マフラーは1本出しに

これまでのニンジャ1000もLEDヘッドライトを採用していたが、ニンジャ1000SXは灯火類をすべてLED化。
またニンジャ1000では左右2本出しだったマフラーは、よりスポーティなデザインとするため右1本出しに。これによりマフラー重量はニンジャ1000より2kg軽くなり、車重の軽量化にも貢献している。

 

エンジンには電子制御スロットルを採用、クルーズコントロールも新搭載

最高出力142馬力・最大トルク11.3kgmという数値は従来までのニンジャ1000(欧州仕様)から変わりはないが、新たに電子制御スロットルを採用。よりスムーズな出力特性となったほか、クルーズコントロールが使えるようになった。
またエキゾーストシステムの変更にあわせて、インテークファンネル形状の変更も行われている。

 

快適性を向上する新型のスクリーンとシート、クイックシフター

スクリーンはよりウインドプロテクション性を高めた新デザインに。また、角度と高さは4ポジションに調整できるようになった(ニンジャ1000は3ポジション)。
シートも快適性を向上するため改良が行われているが、走行環境の違いに基づき販売エリアによって改良点が異なる。日本仕様、北米仕様ではフロントシートのウレタン形状・密度を変更、ライダー側の快適性を向上。ヨーロッパ仕様ではタンデムシートの座面を拡大し、長時間走行での快適性を向上している。
また、アップ/ダウン両対応のクイックシフターを搭載。スポーティなライディングはもちろん、操作の簡略化で快適なライディングにも貢献する。

 

各機能を統合制御するライディングモードを搭載

IMU(慣性計測装置)のデータを生かし、車体バンク時にも対応できるトラクションコントロールやABSを搭載しているのもウリのひとつだったニンジャ1000。
加えて出力特性もパワーモードで「ハイ」/「ロー」2段階切り替え可能だったが、ニンジャ1000SXでは出力特性とトラクションコントロールの作動レベルを統合制御するライディングモードを搭載。モードは「スポーツ」/「ロード」/「レイン」の3種に加え、任意に各パラメーターを調整できる「ライダー」を加えた4種が設定される。
また、多彩な車両情報を表示するメーターは4.3インチのフルカラー液晶に。明るさを検知して、白、黒、ベースの色を自動で切り替える機能も備えている。

最後に、現状でわかっているのは欧州仕様となるが、車体色は緑、黒、白の3色がラインアップされる。

●エメラルドブレイズドグリーン×メタリックカーボングレー×メタリックグラファイトグレー

●メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック

●パールブリザードホワイト×メタリックカーボングレー×メタリックスパークブラック

 

ニンジャ1000SX諸元(欧州仕様)

[エンジン・性能]
種類:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:77.0×56.0mm 総排気量:1043cc 最高出力:104.5kW<142ps>/10000rpm 最大トルク:111Nm<11.3kgm>/8000rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2100 全幅825 全高:1190(スクリーン最高時1225) ホイールベース:1440 シート高835(各mm) タイヤサイズ:F120/70ZR17 R190/50ZR17 車両重量:235kg 燃料タンク容量:19L

 

CONTACT

問い合わせ先カワサキ
URLhttps://www.kawasaki-motors.com

 

あわせて読みたい記事はこちら!

復活の250cc4気筒!! カワサキがZX-25Rを発表!!

Z H2が2020年初夏、Ninja ZX-25Rが2020年秋ごろを予定! カワサキが注目モデルの国内導入予定時期を公開

250cc4気筒モデル最後発だけど最強性能? ZX-25R以前のカワサキ“ニーゴーマルチ”の変遷を振り返る

関連記事

  1. 「Sugomi」どころじゃない!? Zシリーズのフラッグシップ「…
  2. ヘッドライトが超カッコよくなった!? ホンダ・レブル500がマイ…
  3. プジョー ジャンゴアリュールに150ccモデルを追加
  4. ホンダ リード125がカラーバリエーションを変更
  5. ハスクバーナがミドルアドベンチャーのコンセプトモデル「ノーデン9…
  6. KTMが新型ミドルネイキッドの890デュークRを発表
  7. ニンジャZX-10Rの2020年モデルを発表
  8. トライアンフがカフェレーサーモデル、新型スラクストンRSを発表

おすすめ記事

歴史を彩った名車シリーズ HONDA CB72 Type-1 【おとなの信州探訪】『日本で最も美しい村』は本当に美しいか!? トライアンフ・ファンの祭典、第7回トライアンフ ナショナルラリーを開催 先人たちの熱い魂の結晶、「一式戦闘機ハヤブサ1型」が特別展示 【NEWS】更に続報!KADOYAサマーバーゲン3rdは東京と福岡だ! ナイトロンからCBR400R用リヤショックアブソーバーが登場 【新刊情報】MCクラシック6号、好評発売中!! 注目秋冬ウエア 本革の醍醐味……「RIDEZ」 【CLOSE UP!】 FORMA アーバンシリーズ ソウル 【平成バイク大図鑑3】ハッタリが効くのに乗りやすい 日本のお家芸ジャンルとなったビッグネイキッド
BIKE王

ピックアップ記事

  1. ニンジャGPZ900R A2
PAGE TOP