ニューモデル

ボンネビルにバド・イーキンズを称えた特別モデルが登場

トライアンフモーターサイクルズジャパンは11月6日、ボンネビルT120とT100に、1960年代のモトクロスやデザートレースのトップレーサーで映画「大脱走」の中でスティーブ・マックイーンのスタントマンとしてバイクでの大ジャンプをやってのけたバド・イーキンズ氏の名前とレジェンドを称える特別モデル、バド・イーキンズ スペシャルエディションを設定。2020年春に発売することを発表した。

●バド・イーキンズ氏

このモデルは、1200cc並列2気筒OHCエンジンを積むボンネビルT120と、900cc並列2気筒OHCエンジンを搭載するボンネビルT100に、専用カラーリングやカリフォルニア「フライング・グローブ」バド・イーキンズのロゴが入った燃料タンク、同じくロゴ入りの専用フロントマッドガードペイント仕上げ、ボンネビル・バド・イーキンズサイドパネルブランディングなどを採用。さらに、小型のバーエンドミラー、モンツァ製フィラーキャップ、ひし形のハンドルバーグリップ、専用ブラックエンジンバッジなども装備している。

この他、バド・イーキンズの輝かしい業績についての特別な記述が含まれた真正品証明書が付属し、トライアンフのニック・ブロアーCEOとバド・イーキンズの娘であるスーザン・イーキンズとドナ・イーキンズによる署名もつく。それらプレミアムアイテムを除いたとしても、ボンネビルの端正なスタイルに個性的なツートーンのカラーリングは魅力たっぷりだ。

●ボンネビルT120バド・イーキンズ スペシャルエディション
価格:156万7500円(税込み)

●ボンネビルT100バド・イーキンズ スペシャルエディション
価格:129万3500円(税込み)

【ボンネビルT120バド・イーキンズ スペシャルエディション エンジン・性能】
[ ]内はT100バド・イーキンズ スペシャルエディション
種類:水冷4ストローク並列2気筒OHC4バルブ ボア×ストローク:97.6[84.6]×80.0mm 総排気量:1200[900]㎤ 最高出力:59kW〈80ps〉/6550rpm[40.5kW〈55ps〉/5900rpm] 最大トルク:105Nm〈10.7kgm〉/3100rpm[80Nm〈8.2kgm〉/3230rpm] 燃料タンク容量:14L 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:── 全幅:780[715] 全高:1125[1100] ホイールベース:1445[1450] シート高:785[790](各㎜) 重量:244[232]kg タイヤサイズ:Ⓕ100/90R19 Ⓡ150/80R16

CONTACT

問い合わせ先トライアンフコール
電話番号03-6809-5233
URLhttps://www.triumphmotorcycles.jp

おすすめ記事

「トランスフォーマー」に出てきそう!? 台湾のキムコが新たな4輪バギーを発売 キアヌ・リーブスに直撃インタビュー! ハリウッド俳優が作った超こだわりバイク「アーチ・モーターサイクル」とは? CRF250ラリー 2021 新型CRF250L&CRF250ラリー試乗【車体編】「XLR/XRを思い出す、ホンダデュアルパーパスの復活」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. GB350 ホンダ
  2. 350SS カワサキ マッハ
PAGE TOP