ニューモデル

ハーレーがストリートファイター「ブロンクス」をヨーロッパで発表

アドベンチャーモデル「パンアメリカ」と同時に、ハーレーダビッドソンはイタリア・ミラノ国際モーターサイクルショーでストリートファイターモデル「ブロンクス」のプロトタイプも公開した。 

ハーレーのアドベンチャーモデル「パンアメリカ」の記事はこちら!

 

排気量は975cc! ミドルクラスのストリートファイター

エンジンはパンアメリカ同様に新たに設計された水冷Vツイン「Revolution®Max」だが、ブロンクスでは975cc版となる。最高出力115馬力以上/最大トルク9.7㎏m以上のパフォーマンスを発揮するという。駆動はベルトドライブを採用している。

パンアメリカ同様に海外では2020年後半の発売が予定されているが、コチラも現在のところ日本への導入は未定だという。

 


●広いパワーバンドを有するのみならず、高回転まで回るというブロンクスの975ccエンジン。パンアメリカの1250cc同様、カウンターバランサーを備えている。


●フロントブレーキにはブレンボ製モノブロック4ピストンラジアルマウントキャリパーを採用。


●メーターはコンパクトな丸型液晶。左スイッチボックスを見ると、クルーズコントロール、グリップヒーターが装備されているようだ。

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

おすすめ記事

第46回 東京モーターサイクルショー2019 「ときひろみ」さんとの「ツーショット撮影 & サイン会」開催のお知らせ ムック『情熱のロードレースVOL.1 検証─1985年鈴鹿8耐』が8月16日(月)に八重洲出版より発売!! 【7月1日発売】洗車&メンテ付録の特大号、モーターサイクリスト8月号発売!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄 第49回 東京モーターサイクルショー

ピックアップ記事

PAGE TOP