ニューモデル

ハーレーがストリートファイター「ブロンクス」をヨーロッパで発表

アドベンチャーモデル「パンアメリカ」と同時に、ハーレーダビッドソンはイタリア・ミラノ国際モーターサイクルショーでストリートファイターモデル「ブロンクス」のプロトタイプも公開した。 

ハーレーのアドベンチャーモデル「パンアメリカ」の記事はこちら!

 

排気量は975cc! ミドルクラスのストリートファイター

エンジンはパンアメリカ同様に新たに設計された水冷Vツイン「Revolution®Max」だが、ブロンクスでは975cc版となる。最高出力115馬力以上/最大トルク9.7㎏m以上のパフォーマンスを発揮するという。駆動はベルトドライブを採用している。

パンアメリカ同様に海外では2020年後半の発売が予定されているが、コチラも現在のところ日本への導入は未定だという。

 


●広いパワーバンドを有するのみならず、高回転まで回るというブロンクスの975ccエンジン。パンアメリカの1250cc同様、カウンターバランサーを備えている。


●フロントブレーキにはブレンボ製モノブロック4ピストンラジアルマウントキャリパーを採用。


●メーターはコンパクトな丸型液晶。左スイッチボックスを見ると、クルーズコントロール、グリップヒーターが装備されているようだ。

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

おすすめ記事

スーパーカブにZ1、CBなど、世界に誇る日本の名作エンジン5機【エンジンで振り返る日本車の歴史 その1】 【NEW MODELS】SUZUKI GSX-R1000R ABS 水谷 章人・坪内 隆直・原 富治雄 写真展:真夏の記憶 ― 鈴鹿8時間耐久レース ― 写真展開催 これぞ大人のバイク! 歴史ある空冷4気筒エンジン車、ホンダ・CB1100 ジクサーSF250 【試乗速報!】スズキ ジクサーSF250(国内仕様)「48万円の万能フルカウルマシン」 【変幻自在の派生カブ:3】コンバートキットでカブにオシャレ度をプラス! 一体全体どんなマシン?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. Z650 ザッパー
Z650 ザッパー
PAGE TOP