ニューモデル

ハーレーがストリートファイター「ブロンクス」をヨーロッパで発表

アドベンチャーモデル「パンアメリカ」と同時に、ハーレーダビッドソンはイタリア・ミラノ国際モーターサイクルショーでストリートファイターモデル「ブロンクス」のプロトタイプも公開した。 

ハーレーのアドベンチャーモデル「パンアメリカ」の記事はこちら!

 

排気量は975cc! ミドルクラスのストリートファイター

エンジンはパンアメリカ同様に新たに設計された水冷Vツイン「Revolution®Max」だが、ブロンクスでは975cc版となる。最高出力115馬力以上/最大トルク9.7㎏m以上のパフォーマンスを発揮するという。駆動はベルトドライブを採用している。

パンアメリカ同様に海外では2020年後半の発売が予定されているが、コチラも現在のところ日本への導入は未定だという。

 


●広いパワーバンドを有するのみならず、高回転まで回るというブロンクスの975ccエンジン。パンアメリカの1250cc同様、カウンターバランサーを備えている。


●フロントブレーキにはブレンボ製モノブロック4ピストンラジアルマウントキャリパーを採用。


●メーターはコンパクトな丸型液晶。左スイッチボックスを見ると、クルーズコントロール、グリップヒーターが装備されているようだ。

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

関連記事

  1. トライアンフがカフェレーサーモデル、新型スラクストンRSを発表
  2. 往年の名車「650-W1」の雰囲気を感じる、新しくなった「W80…
  3. 最新電動スクーターってどんな乗り味? XEAM  REET S/…
  4. ハスクバーナFS450の2020年モデルが登場
  5. ヨーロッパで公開、CBR1000RRに「R」がついてフルモデルチ…
  6. ボンネビルにバド・イーキンズを称えた特別モデルが登場
  7. ニンジャZX-6Rの2020年モデルを11月15日に発売
  8. エンジンを大幅に改良した新型ストリートトリプルRSがデビュー

旅に出よう!

おすすめ記事

【’80sバイク熱狂時代】今では当たり前に使う”ブランドカラー”はいつから始まった? 【EVENT】アウトドアとバイクが融合した空間が実現! 「秀山荘 川越店」にてGOLDWINのPOP UP STOREが展開 【EVENT】時代を彩ったカワサキの歴代モデル展示イベントが開催 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史1】二大航空機企業が選択したスクーター開発(〜1946年) 激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史② 【モーサイチャンネル】東京モーターサイクルショー2018 スズキNEWモデルインタビュー&紹介! スズキ カタナを購入した人に立ちゴケ保証を提供 【NEW ITEM】SHOEI NEOTECⅡ 本日8月10日は「ブレーキパッドの日」って知っていましたか? 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その5】19インチ17インチだけじゃない、いろいろあったフロントタイヤの大きさ
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP