ニューモデル

ホンダ CB650Rがカラーリング変更!!「上質感UP」「より精悍に」

カラーバリエーションは全3色に!! 継続色もグラフィック変更

ホンダは「CB650R」のカラーリング設定を変更すると発表しました。「CB650R」は水冷4ストロークDOHC並列4気筒648ccエンジンを搭載したロードスポーツモデルです。

新モデルの「CB650R」に用意されるカラーリングは、「マットジーンズブルーメタリック」「マットバリスティックブラックメタリック」の2色で、いずれも全モデルからの継続色ですが、一部デザイン・グラフィックに変更が加えられます。

「マットジーンズブルーメタリック」では、フロントフェンダー、シュラウド、リアサスペンションスプリング、リアフェンダーステーの配色を変更し、より上質感を追求。

ホンダ CB650R・マットジーンズブルーメタリック

「マットバリスティックブラックメタリック」では、ハンドルパイプ、シュラウド、フロントフォークアウターチューブ、前後ホイール、シリンダーヘッドカバー及びクランクケースカバーなどをブラックに変更し、精悍な印象を際立たせています。

ホンダ CB650R・マットバリスティックブラックメタリック

また、カラーリング変更と共に平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合させています。

新グラフィックモデルの発売日は2023年2月16日です。

ホンダ CBR650R 販売データ

販売計画台数(国内・年間)
シリーズ合計 2300台

メーカー希望小売価格
CB650R(マットバリスティックブラックメタリック)・102万3000円
CB650R(マットジーンズブルーメタリック)・100万1000円

ホンダ CBR650R 諸元

[エンジン・性能]
種類:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:67.0mm×46.0mm 総排気量:648cc 最高出力:70kW<95ps>/1万2000rpm 最大トルク:63Nm<6.4kgm>/9500rpm 変速機:6段リターン WMTCモード燃費:21.5km/L
[寸法・重量]
全長:2120 全幅:780 全高:1075 ホイールベース:1450 シート高:810(各mm) 車両重量:203kg タイヤサイズ:F120/70ZR17/R180/55ZR17 燃料タンク容量:15L

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実 写真●ホンダ

  1. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  2. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  3. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  4. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  5. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  6. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  7. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  8. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  9. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  10. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

DEFよりBluetooth接続で手軽に音楽が聴ける&通話ができるヘッドセットが発売 アルパインスターズの新作ジャケット「セクターメッシュv2フーディーアジア」は、スポーティなアクセントが効いたアーバンカジュアルスタイル モーターサイクリスト2021年9月号は7月30日(金)発売!! 付録は「輸入車大図鑑」

カテゴリー記事一覧