新車

ホンダの大型ツアラー、NT1100がカラーバリエーションを変更

2022年12月16日、アフリカツインやホーク11、レブル1100と同じ1082cc並列2気筒OHCエンジンを積むスポーツツアラー、NT1100が2023年モデルとしてカラーバリエーションを変更。23年3月23日に発売される。

NT1100は6速デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を採用することでイージーライドと走る楽しさを両立。ライディングモードはツアー、アーバン、レインと、好みの設定が可能なユーザー1/2の計5つを搭載。また、後輪のスリップ制御とウイリーコントロールを同調制御するホンダセレクタブルトルクコントロールは3段階+オフを選択可能など、状況に応じた走りを楽しめる1台だ。

今回のカラーバリエーション変更では、パールグレアホワイトに変わってスポーツツアラーらしい重厚さを持つガンメタルブラックメタリックを新設定。継続色となるマットイリジウムグレーメタリックとの2色展開とした。同時に、マフラーをヘアライン仕上げに変更して高級感を持たせている。

ガンメタルブラックメタリック
マットイリジウムグレーメタリック

NT1100主要諸元

[エンジン・性能]
種類:水冷4ストローク並列2気筒OHC4バルブ ボア×ストローク:92.0mm×81.4mm 総排気量:1082cc 最高出力:75kW<102ps>/7500rpm 最大トルク:104Nm<10.6kgm>/6250rpm 変速機:電子式6段(DCT) WMTCモード燃費:19.3km/L
[寸法・重量]
全長:2240 全幅:865 全高:1360 ホイールベース:1535 シート高:820(各mm) 車両重量:248kg タイヤサイズ:F120/70ZR17/R180/55ZR17 燃料タンク容量:20L
[価格]
168万3000円

まとめ●モーサイ編集部 写真●ホンダ

問い合わせ先

○ホンダお客さま相談センター
TEL:0120-086819
https://www.honda.co.jp/motor/

  1. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  2. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  3. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  4. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  5. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  6. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  7. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  8. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  9. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  10. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ロッシが2008年カタルーニャで着用したサッカーボールデザイン!の限定レプリカが予約受付中! CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】 【NEW ITEM】Alpinestars FASTER3 SHOE

カテゴリー記事一覧