新車

ホンダ GB350とロイヤルエンフィールド クラシック350の違いを徹底検証「似て非なる2台のビッグシングル」

クラシック350 GB350 ホンダ ロイヤルエンフィールド

まったく異なる2台の生い立ち

2021年春の発売以来、爆発的な人気を獲得しているホンダGB350。
ただし、出先で同じ車両と頻繁に遭遇したくない、もっと旧車感が欲しい、すぐに乗りたい(コロナ禍で生産遅延が続くGB350とは異なり、クラシック350は一般的な納期で入手できる)などの理由で、同様の資質を感じるビッグシングル、2022年から国内市場に導入されたロイヤルエンフィールドの新型クラシック350に熱い視線を送るライダーは結構いるらしい。
価格もGB350が55万円に対し、新型クラシック350は63万4700円〜と近い範囲である。

そこで当記事では、どちらを購入するかで迷っているライダーの参考になることを念頭に置いて、2台の比較を行うことにした。
なお本題の前に各車の素性を説明しておくと、クラシック350はロイヤルエンフィールドが大昔から熟成を続けて来た単気筒車の最新型。そしてGB350は日本市場を多分に意識しつつも、インド市場で絶大な人気を誇るロイヤルエンフィールドの牙城を崩すことを狙って生まれた、ネオクラシックモデルである。

GB350とクラシック350、各部や機能を徹底比較

■デザイン

撮影車はスポークホイールを履き、前後フェンダーやタンクをメッキ仕上げとした「クラシック350 クローム」(66万6000円)

単体で見ているぶんにはGB350も十分旧車っぽいのだが、伝統のスタイルを継承するクラシック350と並ぶと、オーソドックス?という印象。ただし、その差異はカラーリングと各部の仕上げ、ホイールが要因と言えなくもない。クラシック350も、ボディカラーが単色でエンジン+マフラーがブラック、ホイールがアルミキャストの「ダーク」だと、意外に現代的な雰囲気になるのだから。

逆にGB350も、外装のカラーリングを派手目、シリンダーを除くエンジンの大物をアルミ地にしてカバー類をバフ仕上げ、ホイールをスポークにすれば(ついでに言うと、マフラーの跳ね上がりをゼロにして、前後フェンダーを深くすれば)、かなり旧車感が高まりそうである。

クラシック350 ダーク(66万2200円)

■車体寸法

装備重量は、GB350が180kgで、クラシック350は195kg。同じジャンルとは思えないほど、クラシック350は重いのだが……。操安性を左右するキャスター角/トレール/ホイールベースは、クラシック350【26度/112mm/1390mm】、GB350【27度30分/120mm/1440mm】と、むしろGB350のほうが安定志向なのである。

■ライディングポジション・足つき

クラシック350のライディングポジションは、先代とほとんど同じ。GB350と比較すると、ハンドルがやや低く、ステップがやや前方なので、微妙にコンパクトな印象。なおシート高は2車とも今どきの400ccクラスの平均より高めで、クラシック350【805mm】、GB350【800mm】だが、身長が160cm以上のライダーであれば、足着き性に大きな不満は感じないようだ(モデルの身長は170cm)。

殿様乗りと表現したくなるGB350の堂々としたライディングポジションは1969年に登場したCB750フォアとよく似ている。180kgの装備重量は、350~400cc前後の単気筒としてはまったく軽くないのだれど(前任に当たるCB400SSの最終型は159kgだった)、195kgのクラシック350を比較対象として考えると、押し引きは軽々。バックミラーの視認性はGB350のほうが良好。

■フレーム

新型クラシック350のフレーム
黄色の矢印の部分がボルトオン式のダウンチューブ

クラシック350のフレームは、エンジンを強度部材として使用するダイヤモンドタイプ。基本的に1949年型バレット350に端を発する伝統の構成を継承しているものの、ヘッドパイプから下方に伸びるパイプは1→2本に増やされ、トップチューブは径を拡大している模様。また、クランケース下部には先代以前には存在しなかった、ボルトオン式のダウンチューブが追加されている。


GB350 セミダブルクレードル フレーム
GB350のフレーム

GB350のセミダブルクレードルフレームで興味深いのは、先代に当たるCB400SSに対してねじれ剛性を29%も低く設定したこと、トップ&ダウンチューブに適度な変形を許容するフレックズゾーンを設けたこと、あえて上部エンジンマウントを設けなかったこと、スイングアームピボットプレートをインナー式としたことなど。重心の低さにも相当な配慮が行われている。

GB350 ホンダ フレーム
フレームの適度なしなりを許容するフレックスゾーン(=フレキシブルエリア)
GB350 CB400SS フレーム
左がGB350(車名はインド向けのCB350となっている)。右のCB400SSのフレームとはまったく異なる構造だ

■エンジン

内径×行程を筆頭とする各部の寸法がロングストローク型であることは、2台のエンジンに共通。ただし、GB350が先代に当たるCB400SSと比較すると、超ロングストロークになった(85×70→70×90.5mm)のとは異なり、クラシック350は先代に対してショートストローク化(70×90→72×85.8mm)。
最高出力・最大トルクの発生回転数は、クラシック350【20.2ps/6100rpm・2.7kg/4000rpm】、GB350【20ps/5500rpm・3.0kgm/3000rpm】と、いずれもGB350のほうが低い。


同軸バランサー、前後非対称コンロッド、オフセットシリンダー、密閉式クランクケースなど、独創的にして現代的な技術を導入したGB350に対して、クラシック350のエンジンはオーソドックスな構成。
とはいえ、1軸バランサーやOHC2バルブの動弁系、ギヤ式の1次減速、ドラム式のシフト機構などはロイヤルエンフィールドにとっては革新的な技術である(先代以前は、バランサー無し、OHV2バルブ、チェーン式1次減速、プレート式シフト機構)。

■メーター

クラシック350のスピードメーター+イグニッションスイッチは伝統のデザインを継承。ただし新たな装備として、下部に液晶モニター、ハンドルポスト下にUSBポートを設置。液晶右のRマークの位置にはターンバイターン式のナビを装着することが可能だが、半導体不足のため、現時点での採用は見送られている。


GB350のメーターはシンプル・イズ・ベストという印象で、旧車感は希薄。とはいえ、近年の新型車で指針式の速度計は貴重なのだ。液晶モニターの内容はクラシック350より充実していて、時計/燃料残量計/オド/トリップ×2に加えて、ギヤポジション/瞬間燃費/バッテリー電圧/走行可能距離/平均燃費が表示できる。

■ヘッドライト

クラシック350の灯火類はハロゲンバルブ/白熱球で、このシリーズの伝統に従い、ヘッドライト上にバイザー、その左右にポジションランプを設置。ヘッドライトを上下分割式、全灯火類をLEDとしたGB350は、どこからどう見ても現行車だが、ヘッドライトの高さは旧車的。

■タンク

プレスラインで独特の表情を構築したGB350とは異なり、クラシック350のガソリンタンクは昔ながらのティアドロップ型で、左右にニーグリップラバーを設置。容量はクラシック350が13L、GB350が15L。

■シート

構造はまったく異なるけれど、シートの座り心地はいずれも良好。ただし、前後にかなり自由に動けるGB350と比べると、クラシック350は着座位置が固定される感があった。絶妙な位置に備わるGB350の荷掛けフックは、日本車ならではの便利な装備。

■足まわり

フロントが41mm径正立フォーク、リヤはツインショックという構成は2台に共通だが、前後サスペンションの作動性はGB350のほうが良好。
クラシック350のブレーキは、フロント300mm径ディスク+片押し式2ピストンキャリパー、リヤ270mm径ディスク+片押し式1ピストンキャリパー。

GB350のブレーキは、フロント310mm径ディスク+片押し式2ピストンキャリパー、リヤ240mm径ディスク+片押し式1ピストンキャリパー。クラシック350より大きい前後ディスクの外径差は、現代的と言えなくもない。ABSはいずれのモデルも2チャンネル式。


クラシック350の純正タイヤは、インドメーカー・CEATのZOOM PLUS。100/90-19というフロントのサイズはGB350と共通だが、リヤはGB350より1サイズ細い120/80-18。

インド仕様GB350(=ハイネスCB350)の純正タイヤは、インドメーカー・MRFのZAPPERだが、日本仕様はダンロップ GT601。なおクラシック350にはABS以外の電子制御機構は無いが、GB350は後輪の滑りを抑制するトルクコントロールを装備。

レポート●中村友彦 写真●柴田直行/ホンダ/ロイヤルエンフィールド
編集●上野茂岐

ロイヤルエンフィールド クラシック350主要諸元

[エンジン・性能]
種類:空冷4ストローク単気筒OHC2バルブ ボア・ストローク:72×85.8mm 総排気量:349.34cc 最高出力:14.8kw(20.2ps)/6100rpm 最大トルク:27Nm(2.7kgm)/4000rpm 変速機:5段リターン
[寸法・重量]
全長:2145 全幅:785 全高:1090 ホイールベース:1390 シート高:805(各mm) タイヤサイズ:F110/90-19 R120/80-18 車両重量:195kg 燃料タンク容量:13L *全幅と全高はミラー除く
[車体色]
ハルシオン:グリーン、グレー、ブラック
シグナルズ:グレー、サンド
ダーク:ブラック、グレー
クローム:レッド、ブロンズ
[価格]
ハルシオン:63万4700円
シグナルズ:64万2400円
ダーク:66万2200円
クローム:66万6000円

ホンダ GB350主要諸元

[エンジン・性能]
種類:空冷4サイクル単気筒OHC2バルブ ボア・ストローク:70.0mm×90.5mm 総排気量:348cc 最高出力:15kW(20ps)/5500rpm 最大トルク:29Nm(3.0kgm)/3000rpm 変速機:5段リターン
[寸法・重量]
全長:2180 全幅:800 全高:1105 ホイールベース:1440 シート高800(各mm) タイヤサイズ:F100/90-19 R130/70-18 車両重量:180kg 燃料タンク容量:15L
[車体色]
マットジーンズブルーメタリック、マットパールモリオンブラック、キャンディークロモスフィアレッド
[価格]
55万円

■関連記事
試乗レポート:ロイヤルエンフィールド新型クラシック350は「ホンダ GB350と同じ土俵で戦える!」

CONTACT

ホンダ GB350製品ページ

https://www.honda.co.jp/GB350/

 

ロイヤルエンフィールド クラシック350製品ページ

http://www.royalenfield-tokyoshowroom.jp/lineup/classic350/

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

ゆるキャン△ファン必見! なでしこ&りんちゃん柄ネクタイとリンちゃんのヘルメットピンズが予約受付中! 【NEWS】バイク王 郡山店が新規オープン!!バイク買取シェアNo.1の実力を見よ!! 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!第33話:バイク始動はやっぱりコレ? キックスターターのお話【隔週連載】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP