新車

カワサキ Z400の2023年モデルが9月20日発売!価格は70万4000円「ライムグリーンのフレームに」

Z400 カワサキ 2023

最新の排ガス規制に対応、最大トルクが変更

2022年9月20日、カワサキから400ccスポーツネイキッド・Z400の2023年モデルが発売されます。主な変更点は、令和2年排ガス規制への適合と車体色の変更です。

398cc水冷並列2気筒のエンジンは、最高出力48ps/1万rpmの性能は変わらず。一方、最大トルクは従来型の3.9kgm/8000rpmから3.8kgm/8000rpmと、発生回転数は変わらないものの0.1kgm低い数値に。車体サイズや車両重量に変更はありません。
価格は、従来の68万2000円から70万4000円に約2万円値上げされました。

フレームがライムグリーンに!

2019年の初登場以来、毎年カラーチェンジが行われてきたZ400。
従来型(2022年モデル)では「パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー」と「キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック」の2色がラインアップされていましたが、2023年モデルは「メタリックスパークブラック×メタリックマットグラフェンスチールグレー」1色のみの設定となります。

新色の「メタリックスパークブラック×メタリックマットグラフェンスチールグレー」は、マットグレーをベースとし、タンクには光沢のあるブラックを採用。Ninja H2からインスパイアされたという軽量トレリスフレームはライムグリーンとし、ビビットなデザインとなっています。

カワサキ「Z400」2023年モデル

2023年の新色「メタリックスパークブラック×メタリックマットグラフェンスチールグレー」(黒×イエロー)

カワサキ「Z400」2022年モデル

従来型(2022年モデル)「パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー」(白)
従来型(2022年モデル)「キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック」(黒×緑)

カワサキ Z400(2023年モデル)主要諸元

[エンジン・性能]
種類:水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒 ボア・ストローク:70mm×51.8mm 総排気量:398cc 最高出力:35.3kW(48ps)/1万rpm 最大トルク:37.2Nm(3.8kgm)/8000rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:1990 全幅:800 全高:1055 ホイールベース:1370 シート高:785(各mm) タイヤサイズ:F110/70R17 R150/60R17 車両重量:166kg 燃料タンク容量:14L
[車体色]
メタリックスパークブラック×メタリックマットグラフェンスチールグレー
[価格]
70万4000円

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実 写真●カワサキ

CONTACT

TEL:0120−400819(カワサキモータースジャパンお客様相談室)

カワサキZ400商品ページ

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

新潟県と神奈川県にカワサキプラザがオープン! 【100均用品でアウトドアグッズをDIY】製作時間15分、材料費550円のキャンプ用ローテーブルが意外に使える! かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(後編)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP