新車

カワサキ Z900RSシリーズ2023年モデルが9月発売!新規制適合&カフェはニューカラーに

2023 Z900RS

Z900RSシリーズが令和2年排出ガス規制に適合、型式も新たに

カワサキの人気レトロスポーツ、Z900RS、Z900RS SE、Z900RS CAFEの3機種がマイナーチェンジし2023年モデルとなり、2022年9月10日(土)に発売される。

主な変更点は、新排出ガス規制適合(令和2年規制=ユーロ5相当)を施したこと。2020年1月以前からの継続生産車の場合、今年(2022年)11月以降、規制対応を施さない機種は生産できなくなるためだ。
「規制対応」と聞くと性能ダウンを懸念する人もいるだろうが、スペックは従来型と変わらない数値が維持されており、Z900RS CAFEはあわせてニューカラーに刷新される。

カワサキ Z900RS(2023年モデル)

Z900RS(キャンディトーンブルー・143万円)
Z900RS(メタリックディアブロブラック・143万円)

■スタンダードのZ900RS。車体色は従来型のものが継続され、キャンディトーンブルー、メタリックディアブロブラックの2色ラインアップ。

カワサキ Z900RS SE(2023年モデル)

Z900RS SE(メタリックディアブロブラック・165万円)

■Z900RS SEはブレンボ製フロントブレーキ(ディスク、キャリパー、パッド)、オーリンズ製リヤショックを装備したハイグレード仕様で、「イエローボール」をベースとした専用カラーリングを採用する。

カワサキ Z900RS CAFE(2023年モデル)

Z900RS CAFE(メタリックディアブロブラック・146万3000円)

■ヘッドライトカウル、ローポジションハンドル、、専用シートを装備し、カフェレーサースタイルに仕上げられたZ900RS CAFE。車体の基調色は従来型と同じブラックだが、ラインは新デザイン&ゴールドに。また、シート表皮色も変更されている。そのほか、ホイールのストライプがシルバーからゴールドとなっているほか、ヘッドライトカウルに「Kawasaki」のロゴが追加されていたり、細かい部分にも手が入れられている。

従来型カワサキ Z900RS CAFE(2022年モデル)

メタリックディアブロブラック

カワサキケア(メンテナンスパッケージ)対象車となった

3モデルともに車両価格は約5万円の値上げとなるが、新たに「カワサキケアモデル」となっている。カワサキケアとは、カワサキプラザ店で1ヵ月目点検を始め、3年間の定期点検とオイル交換(オイルフィルター含む)を無償で受けられるシステム。価格アップの分、手厚いサービスが付加されたと言えるだろう。

カワサキ Z900RSシリーズ主要諸元

*【】内はCAFEの数値
[エンジン・性能]
種類:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:73.4×56.0mm 総排気量:948cc 最高出力:82kW(111ps)/8500rpm 最大トルク:98Nm(10.0kgm)/6500rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2100 全幅865【845】 全高:1150【1190】 ホイールベース:1470 シート高800【820】(各mm) タイヤサイズ:F120/70ZR17 R180/55ZR17 車両重量:215kg【217kg】 燃料タンク容量:17L
[価格]
Z900RS:143万円
Z900RS SE:165万円
Z900RS CAFE:146万3000円

まとめ●モーサイ編集部 写真●カワサキ

CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819

 

https://www.kawasaki-motors.com/mc/

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

柔らかさと強度が両立しているとは!? 履いたらもう手放せないライディングデニム「OXFORD アーマライトジーンズ」 信号機を壊したら300万!? かすり傷程度でも修理費用が請求されるのか? 弁護士さんに聞いてみた 【NEWS】2017年のトライアンフ車の国内登録台数が 過去最高となる1876台を記録
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP